サドルバック型st上昇は酒飲んでダメ?不整脈は麻酔が危険らしい!

昨年(2016年)1月の会社の健康診断で

「サドルバック型ST上昇」

と診断されました。
場所が心臓と聞いて、たまげた!

これまで10年以上同じところで、健康診断受けてきて、なんで突然??

「これ放っておいていいのかな~」

っていうお医者さんも、専門でないからわからない様子だった。

スポンサーリンク

  • 「これ放っておいていいのかな?」
    「え?なんですか?」
    「ほらここの心電図の波形見てみて。自転車のサドルのような形になってるだろ?」
    「確かに・・それが何か?」

こんな会話だったような・・お医者さんとの話は。
でもあの先生に見つけてもらって、ほんと感謝していますよ。

サドルバック型st上昇は酒飲んでダメ?

さて酒を飲んでダメなのか?

そこですが、私は飲んでます。
ウィスキーを水割りで。

昨年の健康診断で見つかって、即大学病院に紹介状を書いてもらって、3月~5月まで数回通って、24時間の心電図検査や、運動した時の心電図やら・・

いろんな試験をして、検査しました。

その結果、通院で様子観察。

こういう結果になったんだな~
それから半年に一度、通院しています。

そこで聞いたことが下記のことなんですが。

  • 1:酒を飲んでいいか?
    2:運動(ゴルフ)をやっていいか?
    3:夜勤(夜間勤務)をやっていいか?

まず1に関してですが。

飲んでは良いが、深酒はやめた方がいい!

こういうことでしたね。
酒を似むと心臓の鼓動に、変化が出てくる可能性があって、サドルバック型がコーブ型に変異しないとも限らない。

そういってました。
なので深酒は禁止!

しかし実際は、ついつい飲んでしまいます。
これを書いたことによるけじめで、せめて水割り2杯まで・・

とか決めようかと思案中です。

2のスポーツは、特に問題ないようです。
適度の体を動かせと言ってました。

3の夜間勤務

これはやめてほしいように感じだったなあ~
要は不規則なんですよね。

日勤もあれば夜間勤務もあるという。

「ゆくゆくは・・・・」

そんな言い方だったので、早いうちに止めようと思うのですが、仕事辞めたら収入無いですからね。

これはまずいわけです。
無理しないように適度にやる・・これしかないようです。

サドルバック型ST情報は麻酔はダメ?

この間どうにも歯が痛くて、仕方がなかったので、歯医者行ったのですよね。

下の歯の部分入れ歯に、当たって抜けそうなんですが、いっそ抜いてブリッジしてもらおうかと。

10年ぶりくらいだったので、問診票にその

「サドルバック型ST上昇」

を書いたんですよ。
診察台乗って、いよいよ麻酔・・と思ったら、まさに医者が麻酔の注射をもって

「さあ口あいて・・」

ってその時に看護師が

「先生その方不整脈です」

って最初によく見ろよ!

って思ったら、なんだ不整脈って?

「サドルバック型ST上昇です!」

「なぬ!ほんでダメだ・・俺では処置できねな」

「先生なんでですか?」

「麻酔は心臓に効くんだ・・だから心拍数が上がったりすると、俺では処置できなくなる。」

「どうすればいいですか?」

「来週大学病院からくるから、その日に来て!」

民間の病院に、大学病院から医者がくるって、そこはなんか特殊だな・・なんて思ったりしたのですが、仕方がないんだな!

その日が来て・・・

いったらその先生が言うには、同じ麻酔でもその場所にとどまってる(全部ではないが・・)のがあるんだそうな。

但しこの麻酔は切れやすい・・とも言ってた。

何はともあれ、無事抜いて治療したんだな~~

今度5月に大学病院に予約してあるので、その時に麻酔の話は聞いてくるとする。

ケガで麻酔かけるのもダメなら、俺どうすればいいのだ?

まさかそんなことは無いとは思うが、この歯医者の件でどうなのかな~~

なんて・今疑問なのでした。

スポンサーリンク

サドルバック型ST上昇で酒はダメ?のまとめ

健康っていつもあるもんではないんだな~

なんて思いますね。

突然

「サドルバック型ST上昇」

って健康診断で謂われたときは、驚きました。
その後ネットでいろいろ検索したら、いいことは何一つ書いてませんでした。

唯一救いは、サドルバック型はまだいい方で

「コーブ型」

になるとチョトやばい。
これは早期に治療のようです。

この類の病気は

「ブルガダ症候群」

と言って早く言えば突然心臓発作で、なくなる病気ですね。

そういえば・・
そう思う方って私の周囲にも、結構いるから驚きです。

聞いてみたのですが、(大学病院で)手術といえば手術で、なんかカテーテルでなんかを、入れてやって終わりだそうです。

切ったハッタはないそうで・・

但し、注意が必要なのは若い方だそうです。

私はもうすでに定年近い年齢ですから、あんまし私の年齢では、いないようなことを言ってました。

若い方は要注意だそうですよ~

注意:すべての方に対して私の診断が、適応するとは思えませんので、あくまでも参考程度にしてくださいね。
お医者さんは年齢のことを、しきりに言ってましたよ~~

私の年代は、安全パイのようなことも言って笑ってましたが、元気付けの意味もあったのかもしれません。

不整脈で困ったら?(楽天の本です)

あとの経過についても書いておきました。

サドルバッグ型心電図異常の経過報告!自然に治癒することはあるのか?

半年に一回の定期検診に行ってます。
都度更新していきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る