池田勇太(2017)使用ドライバーはGBB EPICサブゼロ!クラブ契約は?

池田勇太プロは、昨年(2016年)の賞金王です。

然し、後半戦に使用したドライバー、プロギアの「RFドライバー」が、ルール違反で販売禁止になるハプニングがあって、今季(2017年)は何処のドライバーを使用するのか、話題になってました。

その2017年の使用ドライバーが、決定したようです。

キャロウェイ社の

『GBB EPIC サブゼロ』

のようです。

2017年4月4日に追記しました。(一番下・・下記です)

スポンサーリンク

2017年シーズンの、今季の初戦は

「SMBCシンガポールオープン」

です。
開催コースはシンガポールのリゾートアイランド、セントーサ島にある

「セントーサGC」

というコースになります。
早速、その初戦から実践投入するようです。

(GBB EPIC TVCM プロ篇 )

(出典元:キャロウェイゴルフ公式より引用)

池田勇太の2017年使用ドライバーはGBB EPICサブゼロ!

このドライバーですが、今すごく話題です。
何が話題かというと、石川遼プロも、使用するようですし、世界中のプロがこぞって使用を宣言しているようです。

どうやらわれらの松山英樹プロも?

そんな記事を見たりしました。

池田勇太プロは昨年末に、キャロウェイ社によると、本人に打ってもらってそのデーターをフィードバックして、池田プロの希望に沿ったスペックに合わせたものを届けたそうです。

さて実践投入すると宣言したのですから、使用するんだと思いますが、その日本のPGAの初戦

「SMBCシンガポールオープン」

の結果や如何に!

ですね。

“禁断のドライバー、解禁。ルールは破らない。常識を破る”

これはキャロウェイ社の、このGBB EPICドライバーのキャッチコピーです。

池田勇太プロは今年のマスターズの切符は、世界ランキング50位以内で獲得済みです。

ちょっと期待してみたいですよね~~


(出典元:http://www.callawaygolf.jp/より引用)

池田勇太プロのクラブ契約先はどうなる?

ドライバーは決まったのですが、他のクラブは昨年のままなのか、どうかは情報がないのですが、しかしドライバーはキャロウェイ社と契約したという話はなさそうですね。

キャロウェイ社にしてみれば、日本での賞金王で人気の池田勇太プロとは、クラブの使用契約は結びたいところかもしれないですよね。

でもかなりの多くのプロと契約しているので、無理はしない・・・そんな気もします。

日本では石川遼プロの宣伝効果は抜群ですから。

キャロウェイ社にしてみれば、それだけでも十分かも!

(GBB EPIC ドライバー 石川プロインプレッション )

(出典元:キャロウェイゴルフ公式より引用)

ところでこの

「GBB EPIC」(グレートビッグバーサエピック)

には2つのタイプが用意されてるようです。

  • 「エピックスター」
    「サブゼロ」

の二種類です。
石川遼プロは「エピックスター」を選択したようですね。

それぞれの特徴は

  • 「エピックスター」は左右の曲がりを抑制するモデル。
  • 「サブゼロ」は低重心で弾道調整が持ち味。

というコンセプトのようです。

上記に石川遼プロの、試打インプレッションの動画が、あるので張っておきます。

スポンサーリンク

池田勇太プロGBBエピックサブゼロのまとめ

池田勇太プロの近畿2107年のエースドライバーは、キャロウェイ社の

「GBB EPIC サブゼロ」(グレートビッグバーササブゼロ)

のようです。
GBB EPICのサイトの説明によりますと、サブゼロは

「低重心で弾道調整」で禁断の飛び!

というセッティングのようです。

ぜひ皆さんも試打倶楽部あるところで、打ってみることをお勧めします。

勿論私も打ちに行きますよ~~
って・・まだ物がないか…

発売はどうやら2月17日のようですね。

池田勇太プロ今年はマスターズですよ~~

松山英樹プロと共に、頑張ってほしいね。

ぜひマスターズでも日本のプロが、優勝するところを見たいな~~

GBB epic 価格比較はこちら

2017年4月4日追記

マスターズに向けてドライバーを更新したようです。

今度のドライバーはテーラーメイドの「M1」です。

よろしければ・・詳しくは下記リンクを参照ください。

池田勇太マスターズ使用のドライバーはM1?飛距離が気になる!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る