電動スケボー名探偵コナン並みのスピード?ターボエンジン並かも!

スケボーのイメージ、と言えば「名探偵コナン」ですね。
あのスケボーで、まるでターボエンジン付き(?)の圧倒的なスピードで移動するシーンは、名場面だと思います。

最近電動スケボーというのが出て、この名探偵コナン張りのスピードで疾走すると、評判のようです。

電動スケボーzboardという、商品が人気のようですが、そのほかもあるのかな?

アメリカで今、この電動スケボーがブームなんだそうです!

スポンサーリンク

アメリカでこの電動スケボーが、人気の理由を調べてみました。

アメリカでは電動スケートボードのことを

・Boosted Board (電動スケートボード)

というようです。
開発したのはシリコンバレーの、スタートアップ企業ということです。
スタートアップ企業というと、この間ソフトバンクの孫正義さんが、トランプ次期大統領と会談した時に、孫さんアメリカのスタートアップ企業に500億ドルの投資を行うと表明しました。

そう言ったスタートアップ企業のうちの一つになると思います。(孫さんは資本入れてないと思います・・これからですからね)

スタートアップ企業って?

って調べてみたので代替理解しています。

では改めて・・・


(出典元:http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/より引用)

電動スケボーがアメリカで流行の理由は?

そこで流行の理由ですが、サンフランシスコの慢性的な交通渋滞のせいで、電動キックボードや、電動スケボーやもしかしたスターウォーズ?みたいな丸でキテレツ的なものがいっぱいは知っているのだとか??

ということはアメリカではこれは、公道を走っていいわけですね。

勿論電動スケボーは日本では公道は禁止です。

この渋滞を避けて移動する手段で「Boosted Board」なる

「電動スケボー」

が売れてるということで、流行の兆しなんだそうですね。

最近の受注状況は、オーダーに生産が追い付かないそうです。

事前に100ドルの予約金を支払って注文。

耳鼻運の納品の番が来たら、そこで残額を支払って購入ということのようです。

まあ・・そんだけ売れてるということですね。


(出典元:http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/より引用)

電動スケボーの乗り心地は?

さて乗り心地はどうかは、乗ったことがないのでわかりませんが、いずれ人気の商品で日本でも売られてるようです。

メーカーちょっと見てみたのですが、殆どが海外からの輸入ですね。

価格は下記に一覧貼っておきますので、興味のある方はご覧ください。

安いものではないです。

あるモデルを紹介すると・・

  • 最高速度:時速30㎞
    最高登坂角度:20度
    満充電までの時間:3時間
    重さ:わずか6㎏

といった内容です。
商品によっては多少変化しますが、おおむね上記のような感じですね。


(出典元:http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/より引用)

スケボーに乗って時速30キロですか~~

中々スリリングなスピードですね。

日本では公園とか、安全が確認されてる、人通りの少ない所での使用なら認められてるのかと思いますが、安全にはくれぐれも留意して遊ぶようにしたいですね。

時速38キロというのもあるようですが、このくらいのスピードなら

「名探偵コナン」

に近づく?

のかな・・多分!

スポンサーリンク

電動スケボーのまとめ

遊びを考えていたら、アメリカの場合は公道を走っていいのだから、商品になった?

そんな感じかもしれないですね。

決められた場所でしか遊べないものが、ある日移動手段としてクローズアップされて、バカ売れした!

そういうのはありっすね。

昔カセットウォークマンが出たときに、開発者はあれを自分で聞きながら仕事していたというお話です。

そこで上司が

「それなんだ?」

「これいいですよ・・」

「なぬ・・そんないいもの・・おい企画読んで来い!」

こんな感じだったようです。
その方即課長になったというお話が・・(当時そういわれました)
(私はその会社の関連会社勤務でした)

どこで商品になるかわからないです。

ヒット商品は作ろうと思っても、できないということなのかもしれないです。

しかしこの電動スケボーは日本でも流行しそうな雰囲気ですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る