中小企業のボーナス(大阪)は何ヶ月ぐらい?大企業との差を調べてみた!

官民格差って言いますが、公務員と民間企業との差のことですが、中小企業の場合はどん位差があるものなのか、調べてみました。

結果は、えらい差で・・って自分も中小企業ですから、だろうなあ~って思ってましたが、ちょっとね~

就活で多少しんどい思いしても、やっぱし大企業に勤めたいという気持ちは理解できるね!

スポンサーリンク


2016年の大手企業の冬のボーナスの額を、経団連が調査したようですね。

それによると民間企業大手の一人当たりの支給額はなんと

「987892円」

だそうですよ~
すごいね。
これは昨年よりも0.84%多いんだそうです。

では中小企業の場合は?

これは大阪の例です。

大阪に拠点を置く中小企業のボーナスは何ヶ月ぐらい?

大企業はわかったのですが、では中小企業の場合はどうでしょうか?

これは大阪シティー信用金庫が、大阪に拠点を置く中小企業について、調べた調査データーです。

大企業はこれで4年連続での増加になったようです。

では大阪に拠点を置く、中小企業の場合の冬のボーナス(2016年)平均額は

「277086円」

だそうです。
えらい差ですね。
此れでも昨年に比べて

「1060円」(0.38%)

増加しているんだそうです。
こちらも4年連続で増加、ということのようですが、総額見ればこれで増えているって言われても・・だよね~~

業種別の支給額の推移は?

  • 1位:サービス業(305156円)
    2位:卸売業(295820円)
    3位:建設業(266448円)


    最下位:運輸業(238432円)

という順番のようです。


(出典元:大阪シティ信用金庫HPより引用)

表があったので張っておきますが、この数字見て皆さん如何思いますか~

大企業というか、経団連発表の大手企業の冬のボーナスとの差なんて、計算するのも嫌になるほどですよね。

同じ仕事をしているのに・・・そう思う方も多いのではないかと思いますが、しかしこれが現実なんだな~

が・・しかし・・もっと暗いお話ですが、支給する中小企業だけではないんですね。

支給しないと回答した、企業も多いんです。

何と冬のボーナスを支給する企業の平均が

「61.5%」

なんですよ~~
っていうことは後の38.5%の企業に勤めているかたは、冬のボーナスが無し!

何という悲しい現実なんだべ?

って・・俺もそうだった!

その表も張っておきます。


(出典元:大阪シティ信用金庫HPより引用)

この集計は大阪の中小企業1096社に回答を得て集計した結果だそうです。
実行したのは上記に記しましたが、大阪シティ信用金庫です。

多分信用金庫ですので、扱う企業のほとんどが中小企業家と思いますので、信頼に足る結果と思います。

スポンサーリンク

中小企業のボーナス(大阪)のまとめ

皆さんは冬のボーナスって出ましたか?

中小企業の場合は、まだまだこれからというところが、多いかもしれませんね。

極端ですが、年末の最終日に支給、なんて会社もありましたね~以前は。

私はもうそういうのとは縁がない会社に勤務して、すでに10年が過ぎました。

ないのが普通になって、ちょっとこの感覚は寂しいですね。

もう年齢が年齢なので・・

でもこれからの方の若い方で、20代30代の方は私のような悠長なことは、言ってられないですよね。

まだまだこれからの方たちですから。

比較の金額は?

って出そうと思ったのですが、あまりな金額の差なんでやめました。
でもすぐ出ますね。

これは大阪の場合ですが、でも全国だってこんなものでしょうね。

地方も加味すれば、もっと低いような気がします。

寂しくなってきたのでこの辺で・・

調査に対して1096社が回答、調査期間は11月2日から8日まで。(ということだそうです)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る