WEBライティング技能検定の合格率は?試験内容も調べてみた!

好きな文章を書いて収入を得る!

そんな仕事があるようですね。
主婦の方や、在宅でのアルバイト程度の稼ぎにはなるというのですが、本当でしょうか?

驚いたのは、そのため(?)の資格があるというのですから、これは私は初耳でした。

実は私も、この文章を書いて収入を得る、小遣い稼ぎはやったことがあるので、私の経験も踏まえて紹介しようと思います。

スポンサーリンク

皆さんは文章を書くのが得意ですか?

私のことを書いて恐縮なのですが、私は得意かどうかはわかりませんが、少なくとも書くことは好きです。

学生の時から万年筆で日記を書いています。

weburaitengu2

最近は書いたり書かなかったりですが、でもそれは私の勝手で何もそれで、商売をしているわけではないですら、何のストレスもないわけです。

気が向いたときにお気に入りの万年筆で、ノートに書きます。

然し今ここで紹介するのは、ネット上の「WEB」上のお話です。

WEBライティング技能検定の合格率と試験内容は?

「WEBライティング技能検定講座」で、働けない主婦の生活が変わる!

こんなキャッチコピーの記事を見たのですが、そもそもweb上で記事を受注するのに資格って必要なの?

そんな疑問が私には湧きましたね。

しかし資格ですから、そういう仕事を受注するのには、資格はあった方がいいでしょうが、顧客が求めているのは、その商品に適切な文章の内容なわけです。

さて・・

とは思ったのですが、この聞きなれない資格の内容を調べてみたので、紹介します。

この資格「WEBライティング技能検定」は一般社団法人日本クラウドソーシング検定協会が発行する民間資格の試験制度です。

したがって国家資格などとはちがいます。
あくまでも民間が発行する資格ですね。

試験内容は

1 WEBライティング技能検定試験 基礎編
2 .WEBライティング技能検定試験 実践編

の二つの科目の試験内容になっているようです。

なお注意ですが、クラウドソーシング検定協会のホームページに

●「WEBライティング技能検定」は「WEBライティング技能検定講座」を購入された方のみが受験対象者となります。

という記載があります。
したがって講座を受講しないと受験できない仕組みのようです。(この辺は具体的には問い合わせてみたほうがよろしいかと思います)

webraitexingu1
(出典元:http://www.cyzo.com/2016/11/より引用)

まずこの資格を取得する場合の費用の内訳です。

講座料金:32000円
試験料:6000円
合格後の登録料:3000円

合計:41000円

のようです。
そんなに高額ではないようです。

やはり講座を受講する方が、合格は早いでしょうね。(講座受講しないとじぇけんできないようですが・・)
これはどんな資格でも言えることだと思います。

さて気になる合格率ですが・・

WEBライティング技能検定試験の合格率は?

これまでに(2016年11月27日現在)13回の試験が行われてきたようですが、その平均合格率が

「43.5%」

だそうですよ~
約半分以下!

結構難関ですね。
講座を受けていれば、合格・・そういうものではないようですね。

ただ尤もこの講座自体が在宅ですから、購入して全然勉強しない、そういう方もいるかもしれないですね。

出かけてカンズメで・・そういう講座ではないですから。

それから試験日ですが、これは毎月やってるようです。
月一回ありますから、真剣みもやはり・・ダメなら来月・・そう思う方もいるのかもしれません。

詳しくは

「一般社団法人日本クラウドソーシング検定協会」

のホームページをご覧ください。

ここからは私のwebライティング(そんな大それたもんではありません)の経験から。

スポンサーリンク

私のライティングで稼いだ実際について

私もネット上で、WEB上で何か在宅で稼げるものはないか?

そう考えていろいろやりました。

今回のテーマがWEBライティングなので、それに絞って書かせていただきます。

皆さんはブログライターって知ってますか~

自分でできるかどうか、文章が書けるかどうかこれで簡単に判別付くかと思います。

いろんなサイトがありますが、あるテーマに沿って、決められた字数の文章を書く仕事です。

勿論その文章内に入れる、キーワードも指定されます。

例えば「ライター」というキーワードを2回入れろ!

そんな感じです。

字数は少なくて150~800文字~それ以上と様々で、その求めるものによって違います。

私は300文字近辺の文字数で、自分が書きやすいテーマに絞ってガンガン書きました。

それで一記事70円~100円だったかな~~多分。

1時間に6記事は行けます。

勿論低価格でやってられない・・
そう思う方もいるでしょうが、自分の好きな時間にやれるということを考えれば、結構おいしかったです。

勿論数書くにはコツがいります。

一記事ずつやっていたのでは、日が暮れますから、少々の裏技的なものも使っていましたが。

月に3万前後は軽かったですね。

サイトによってはすごくいいものもありました。

ただ、これはこれ以上にはなりません。
あくまでも労働集約型ですから、永遠に書き続けないといけません。

そういうことはよく考えておかなくてはなりません。

でも・・ですよ。
文章を書く訓練には最適だと思います。

いろんな案件があるのですから、自分がブログで文章を書くという訓練には、非常に役に立ったお思います。

WEBライティング技能検定の合格率のまとめ

WEBライティング技能検定の合格率は過去13回の試験で

「43.5%」

だそうです。
約半分ですね。

問い合わせ先は

「一般社団法人日本クラウドソーシング検定協会」

です。
ネットで検索すれば一発で出てきます。

いろんな資格がありますね。
ただこの資格の場合は、形だけ持っていればいい資格とは違うので、クラウドソーシングで、クライアントの希望通りの文章を書かないといけないわけですよね・・実際は。

希望する文章を書かないとお金にならないわけです。

もし検討されて不安のある方は、私の経験を書かせていただきましたが、ブログライターで検索すればいくらも出てきますから、そこで一度お試しで書いてみるといいと思います。

結構難易度高いですよ。

例えば「車の車検」についてのテーマがあった場合は、如何ですか?

車検で浮かぶキーワードを整理すれば、10個くらいは即行けそうですね。

こんな感じです。

講座を受講すると、多分返金はできないでしょうから、その前に十分に熟考をしてから行動するようにしてくださいね。

多分ですが、資格を取るのと、稼げるはイコールかというと、必ずしもそうならない場合もありますから・・

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る