ぜいたく三ツ矢 青森県産トキりんごの味を予想!感想と評価はどう?

アサヒ飲料から「ぜいたく三ツ矢 青森県産トキりんご」という炭酸飲料が8月9日に発売されます。

トキりんごと聞くとおいしいとイメージしかないのですが、大胆にこの味を予想してみました。
感想と評価はどうかな~~など言う予測もしえt観たのですが参考までに!

スポンサーリンク


これおいしそうですね!
まだ発売されてませんが、発売されたら絶対即飲んでみます。
(発売は8月9日)
内容量は500ml、希望小売価格が150円(税抜)です。

toki
(出典元:メーカーニュース公式サイト))

アサヒ飲料からの発売ですが、原料は青森県産の

「トキりんご」

の果汁のみを使用した炭酸飲料ということです。

消費者の商品に対するこだわり感!

やっぱし季節はこれから夏本番で、炭酸飲料というのは需要があるんだと思います。
その中でもやっぱし消費者の要求というのは

「原料にこだわる」

もしくは

「産地にこだわる」

これではないかと思うのです。
また同じ原料でも産地が有名ですでにその商品が「ブランド化」されてるものならインパクトは、なんといっても絶大でしょう!

日本全国の方が知ってるように青森県は

「りんご」

の名産地です。
青森に行くと高速道路の両サイドが、延々とリンゴの木の畑が続きます。

ただやっぱし同じりんごでも名前がそれぞれ違うんだよね~~

赤いリンゴと黄色いリンゴとか・・ね。

スポンサーリンク

トキりんごってどんな品種?

リンゴの種類って皆さん赤い色がイメージできると思うんです。
スーパーで並んでるりんごも赤色が多いのではないかと思います。

しかしこのトキりんごの色は

「黄色」

なんです。

え?  なんで?・・・

っていうより近年リンゴの生産量では、全体の2割程度までこの黄色のリンゴが、増えてきたんだそうです。
大きく分けた黄色の品種では約6種類ほどあるようですが、その中でもこの

「トキりんご」

が次世代のエースといわれているようです。

なんで?

やっぱしその味!
トキの特徴はその甘さとジューシーさにかけてはほかの品種より抜きんでているそうです

トキの開発者は青森県五所川原市の

「故土岐傳四郎」

さんです。
土岐さんが20年かけて開発、品種改良を重ねて育成した品種で、平成16年に品種登録されました。

勿論名前は

「トキ」

です。
土岐は遺伝子調査から同じ黄色のリンゴの「王林」「ふじ」の交配といういうのが分かったようです。
すなわち両方のいいところを併せ持ってる品種ということのようですね。

が・・しかし・・もんだいが・・

トキがりんごが流通するのは9月~11月上旬までと短いんですね。
なので

「今しか会えないプレミアムな黄色いりんご」

というキャッチフレーズで青森県では宣伝しているようですよ~~

ということで

「ぜいたく三ツ矢 青森県産トキりんご」

の味は大体予想できますね。
多分トキりんごの味の感想や評価も最高のリンゴのようですので、悪いわけはないかと・・

むしろトキりんごの味をこの炭酸飲料で味わえるなんてもしかしたらすごいことかもしれません!

おいしいトキりんごの炭酸飲料飲んでみましょうね~~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る