えんとつ町のプペル絵本のあらすじは?内容と評価を調べてみた!

キンコン西野さんの4作目の絵本の

「えんとつ町のピペル」

の中の絵が、1000万円で売れたというビッグニュースです。
勿論自身の絵では最高額!

キンコン西野さんは現在は絵本作家!

都内での、自身の展覧会での直売会でのお話です。
そこで4作目の、キンコン西野さんの「えんとつ町のピペル」のあらすじや、評判などを書いてみようと思います。

スポンサーリンク


東京・神宮前のSEZON ART GALLERYでキンコン西野さんの個展

「えんとつ町のプペル展」

が30日まで開催されているようです。
まだ時間があるので、ニュースな方は足を運んでみては如何でしょうか?

この中の絵が1000万で売れたというお話ですが、購入された方はどうやら、高野山に奉納するということのようです。

キンコン西野さんも、高野山といえば空海上人ですが、西野さんも光栄ですということのようです。

nisino4
(出典元:https://thepage.jp/より引用)

絵本えんとつ町のプペルのあらすじはどんな内容?

この絵本は驚いたことに7万部も売れていて、絶好調のようです。
このニュースでまたまた興味を持つ方もいるでしょうから、どんどん売れそうな雰囲気がします。

キンコン西野さん、やったね!

才能のある方って本当にすごいと思います。

さてこのえんとつ町のプペルのあらすじはどんなでしょうか?

私のわかる範囲で書いてみようと思います・・てか内容って著作権がありますから、紹介文しか書けませんが。

アマゾンの紹介文です。

「信じぬくんだ。たとえひとりになっても。」

(おはなし)
4000メートルの崖にかこまれ、そとの世界を知 らない町がありました。
町はえんとつだらけ。
そこかしこから煙があがり、あたまのうえはモックモク。
朝から晩までモックモク。
えんとつの町に住 むひとは、くろい煙にとじこめられて、
あおい空をしりません。
かがやく星をしりません。
町はいま、ハロウィンまつりのまっただなか。

物語を書くときには、やはりイメージするものがあるはずです。

最近の映画やドラマを見て何か思いませんか?
私はいつも思うのですが、過去へのタイムスリップ物って結構ありますよね。

時代劇の世界へ・・
または本能寺の変の前後へ・・

そしてこの煙突の煙って、皆さん何を思いますか~

nisino3
(出典元:http://nishino.thebase.in/items/より引用)

私が連想したものは?

  • 1:イギリスの産業革命
    2:シカゴの工場街(大正や昭和初期)
    3:川崎の光化学スモッグ
    4:今の中国のPM2.5
    5:インドの産業地帯のスモッグ

などなどです。

この中でいろんな物語を展開していくのですが、子供に教えることって?
または訴えたいものって?

そこははずせないテーマですよね!

要は

  • 「人を見た目で判断してはいけない」
    「暴力はいけないし、屈してもいけない」
    「自分自身を信じること」
    「優しさを持つこと」

こういうことって、子供には小さい時から教えていきたいことですよね!

nisino2
(出典元:http://nishino.thebase.in/items/より引用)
此れから人生の荒波を、一人で生きていくために、人間関係に強くなって、人をいじめたりしない・・

そんな基本的なことは、よく理解して大人になってほしいものです。

その辺のことが網羅された内容のようです。

でもこれってどんな絵本でも手を変え品を変えて、普遍的なもののような気がします。

価値があるものっていうのは、子供が好んで読んで、すんなり受け入れることができる興味を示せるものかと思います。

そのために必要なのはやはり

「絵」

だよね~~

数枚張っておきますが、すごい絵ですね。

スポンサーリンク

えんとつ町のプペル絵本の評価と評判についての考察

なんかこの絵本でキンコン西野さん炎上してるんだって?

なんで?

どうやらこの「えんとつ町のプペル」という絵本は、たぶんストーリーの部分かと思いますが、分業されてるらしいのです。

中では知らない人がいないほどの、名前の作家の方もいるそうで、そうなると

「お前の作品ではないだろ!」

そういう意見なんだそうですが、それに対して本人は

「どうして一人で作ることが常識になっているんだろ?」

そんな疑問を持ったらしいです。

確かにキンコンさんが言うように、映画では監督や俳優や、脚本や照明などがすべて分業です。

絵本だってそれでいいんじゃん!

ていうことだそうです。

まあ・・・私から見れば世の中に受け入れられて、素晴らしいという評価なら何もケチ付ける必要ないじゃないか!

そう思いますがね~

まあメディアは話題があった方がいいから、あおるんだろうなあ~
なんて思ったりします。

では肝心かなめの絵については、誰もケチはつけていないそうです。

それはそうだよね・・評論はしても絵は描けないもんね~~

売れてる実績から言えば素晴らしい作品だと思いますよ~~

nisino1
(出典元:http://nishino.thebase.in/items/より引用)

えんとつ町のプペル絵本のまとめ

キンコン西野さんが、絵を描き始めるようになったのは、タモリさんの勧めで絵本を書き始めたそうです。

タモリさんは西野さんの才能を見抜いていたんでしょうね。

タモリさん芸術家ですからね。(見る目が・・)

今年の6月には芸人やめて絵本作家に専念する宣言をしたらしいですよ~~

ただ、たまにはお笑いライブをやってるらしいですが。

才能がある方は、どんどん行ってほしいですね。

仙台で片岡鶴太郎の個展、観てきたのですが(9月に)上手い絵でしたね~

まあまたこれが高い!

私のこずかいではとてもとても・・・です・

西野さんの絵も1000万ですか~

頑張ってくださいね~

子供たちに夢を与えてくださいね!

えんとつ町のプペル絵本はこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る