イヴァンカトランプの夫や子供はどんな人?昔の画像もチェック!

イバンカ(イヴァンカ)トランプさんがもしかしたら、駐日大使に!
そんな噂が飛び込んできたのですが、これって本当?

もし本当なら、日本にとっては、どんな影響があるんだろうか?

世紀の番狂わせ?

なのかどうかはわかりませんが、最初の下馬評とは全くの反対の結果になった、アメリカの大統領選挙ですが、いきなり注目の人になったのは

「イヴァンカトランプ」

さん。
そうです・・次期大統領の娘さんです。

スポンサーリンク

すごい頭の良い方なんですね。
驚きました。

お父さんのドナルドトランプさんと、同じ「ペンシルバニア大学」ですがなんと

「主席卒業」

だそうです。
さてそんな才媛のイヴァンカさんですが、お子さんや夫の方や、すごくきれいな方なので、モデル時代の写真なども見てため息をつきたいと思います。

綺麗な方ですね~~

ivannkatorannpu1
(出典元:http://celebsnap.net/より引用)

イバンカトランプの夫や子供はどんな人?

イヴァンカトランプさんは、お父さんのトランプさんの最初の、奥さんの子供だということです。

最初の奥さんは、チェコスロバキア出身のモデルだったイヴァナさん(67)という方で、ニューヨークで生まれたようです。

10代はモデルをやっていたようですね。

その後上記のように、米国東部では名門の「ペンシルバニア大学」に入学して、首席で卒業という才媛です。

現在はトランプさんの会社の不動産会社大手

「トランプ・オーガニゼイション」

のニューヨーク本社に勤務していて、副社長。

実質はどうやら社長のようです。
お父さんのトランプ氏も、ほとんどまかせっきりのようで、重要な案件は必ず自分で決済する、ということのようです。

ivannkatorann2
(出典元:http://matome.naver.jp/より引用)

イヴァンカ・トランプさんのプロフィール

イヴァンカ・トランプさんの簡単なプロフィールです。

  • 名前:イヴァンカ・マリー・トランプ
    誕生日:1981年10月30日(35歳)
    国籍:アメリカ合衆国
    出身校 :ペンシルベニア大学卒業
    職業 :実業家、ファッションモデル
    活動期間:1997年 – 現在
    身長 :180 cm (5 ft 11 in)
    宗教 :ユダヤ教
    配偶者 :ジャレッド・クシュナー
    子供 :3人
    所属:トランプ・オーガナイゼーション、
    ダイナミック・ダイヤモンド・コーポレーション、
    ivankatrumpcollection.com

1981年生まれの35歳ですね。
旦那さんのジャレッド・クシュナーさんは、米ニュース週刊誌「ニューヨーク・オブザーバー」の、社主という立場の方です。

社主ということは社長ということなんだよね・・多分。

ibannka5
(出典元:http://www.elle.co.jp/より引用)
お子さんは3人で、長女(5歳)、長男(3歳)、次男(今年誕生)の3人のようです。

働くお母さんで、さらに子育てに仕事に、今度はお父さんの応援演説で忙しかったですね~

でもこの姿が、アメリカの有権者の方にはすごくよく映ったようです。

現在は上記のようにトランプ・オーガナイゼーションの副社長という立場です。

それと自信のブランドivankatrumpcollection.comも立ち上げています。

スポンサーリンク

昔のモデル時代の画像がすごい!

金髪女性で美人となると、俺もうだめ・・なんて言う御仁は多いかもしれないですね。

まさにそうです。

ivannkatorannp3
(出典元:http://matome.naver.jp/より引用)

何ちゅうナイスな方なんでしょう?

トランプさん目に入れてもいたくないほど、かわいかったでしょう・・たぶん。

世の男性はこのモデル女性に、釘付けになったでしょうね。

勿論夫のジャレッド・クシュナーさんもその一人かと・

ibannkatora4
(出典元:http://celebsnap.net/より引用)

イヴァンカトランプさんのまとめ。

イヴァンカトランプさんの、プロフィールや子供や旦那さんのことについて紹介してきましたが、問題は噂されてるように本当に駐日大使になる?

そうなるとどうなるかな?

トランプさんの娘さんですから、大統領頻繁に日本に来るかも!

そりゃあもうどこのお国もお父さんも同じで、娘の言うことには全部うんうん・・なんて言うことは無いか。

しかし日本にとってはまったく悪くないお話ですよね。

トランプさんに対して、全く人脈がないといってるようですから、これは願ったりかなったりではないでしょうか?

日本に来たら、日本を敢行して、日本食を食べて好きになってほしいですね。

いらっしゃ~~い~~(まってるよ~~~)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る