トランプショックで為替が円高に振れる理由は?株価の影響も知りたい!

トランプ大統領が誕生しました。
まだ就任式が済んでませんから(来年です)、実際的にはまだですが、しかし選挙で選ばれましたから当然そうなります。

よくトランプ氏が大統領になったら

「円高」

になるといわれますが、なんででしょう?
日本の株価も下がるっていう下馬評のようですが、これについて考えてみようと思います。

スポンサーリンク

トランプ大統領で円高になるってなんででしょう?

考えてみたら、どうやらその選挙前から主張していた、自身の政策にあるようです。

でもこれって、共和党の綱領に入ってるのかな?

まあ・・どっちでもいいがその為替に絞って考察してみました。

トランプ大統領で為替が円高になる理由は?

現FRB議長は「イエレン女史」ですが、どうやらその政策は、気に入らない様子ですね。
選挙期間中から、現在のFRBの政策が気に入らない様子です。

なんで?

FRBはどうやら、年内利上げをもくろんでいるからですね・・多分。

景気は上向きで、数々の経済指標が好転していますから、利上げのタイミングを推し量っていたわけです。(FRBは)

利上げするとどうなるか?

これはトランプさんが言うような、企業向けの政策にはならないんだな~

トランプ氏の政策は内向きなようです。
その大きな柱が、国内企業の保護と、雇用の確保。

そのためには「ドル安」が必要なんです

トランプ氏は事業家です。
企業向きの政策をとるというのは、これは当然かもしれないですね。

アメリカを強く偉大な国にするといってますが、それは内向きに強くするようで、となると為替は

「ドル安」

の政策のようです。
輸出を高めたいがための、政策になるためです。

ドル安だと今度は輸入品が高くなるので、国内回帰の現象が起こるわけで、安い中国製品を一掃(?)できる?
そんなことも選挙期間中言っていたような・・

となると円高になるんですよね~

もう一つそういった政策によって、為替の介入はご法度になるかもしれないです。

介入したとたんにアメリカからやり玉に挙げられるのは、容易に察しが付きますよね。

これで一番批判されそうなのが、お隣の韓国と中国だと思います。

公表していなくても為替介入をしているのは、何ともこれは既定路線!

為替の円高で日経平均株価はどうなる?

日本は輸出大国ですから、円高は輸出には不利に働きます。

したがって輸出関連銘柄は、売られるかもしれないです。

反対に輸入品は安く入ってきますが、店頭には安い商品が並ぶ?

っていうわけにもいかないんだよね~

つい最近まで1ドルが80円などという時がありましたが、その時にでは安くなったか?

あんまし実感ないんだけど・・

皆さんはいかがでしたか?

逆に国内の企業は青息吐息で、しかし為替が反転するや、一気に企業業績が上向きました。

せっかくここまで来たのに、また円高?

何とも忙しいことですが、円高になれば輸出関連銘柄は売られるは、これは必定!

構成銘柄の多くはこの銘柄で占められていますから、当然下がっていくことになるんだと思います。

保護主義的な政策のようですから、自国の産業を保護する政策をとっていくかもしれないですから、TPPもお蔵入りになるかもしれないです。

あんだけ大騒ぎしてやったのに・・

大統領が変わるとおしまいになるの?

そりゃあないんでない?

って思うのは俺だけかな~~

皆さんどう思いますか~~

トランプ大統領で円高になる?のまとめ

昨日(11月9日)の為替は一気に4円強の乱高下で・・

日経平均株価も1000円以上の乱高下!

これで喜んだの多分

「デイトレーダー」

だね。
この方たちは値が動けば動くほど、儲けるチャンスが多いわけですから、大もうけした方もいたのではないでしょうか?

然し普通の方には迷惑なお話なわけです。

あんまし簡単に書いたかな?
複雑なのはもっともっとあるようですが、しかし簡単に書けばこうなるようです。

なんか世の中がどこへ向かっていくのかな~

なんて最近考えます。

注:写真は大統領ですので遠慮いたします・・

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る