菊間千乃元アナは弁護士に転身!事故の後遺症と当時のショック度!

菊間千乃元アナが、2016年7月30日大阪市内で

「WOMAN EXPO」

のトークショーで語った、人生のためになる言葉について。

スポンサーリンク

菊間千乃元アナといえばもとはフジテレビのアナウンサーです。

kikuma
(出典元:http://www.interliteracy.com/philosophy/kikuma_y.html)

菊間元アナのショッキングな映像といえば、なんといってもあの5階から直接下のマットに落ちたあの映像です。

めざましテレビでの落下事故の全貌

当時防災グッズを扱う放送の途中だったのですが、なぜかそのまま落ちてしまったんです。

そのまま気絶してしまって即入院!

怪我は腰椎を圧迫骨折、他胸椎、肋骨など6か所の骨折で全治3か月の大けがでした。勿論この状況は映像でありますが、アッというもの出来事です。

ちょっと・・映像は遠慮します。

でもこの建物の主はどんな責任を問われたのかすごく気になります。
これは私が勤務するホテルにもありますがたぶん・・おそらく・・たぶんですよ・・

「スローダン」

という非常用の脱出装置だと思います。(スローダウンという意味だと思いますが商品はスローダンです)
これを胸に巻いて降りると、カチカチと少しずつギヤが回転するように自動で降りられるんです。

この事故の後ですがわが社での避難訓練時に、消防隊員と消防説にの委託メーカーが来て立ち合い検査と兼ねたんですが、その

「スローダン」

私はまったくわかりませんでしたから・・

「これって何するもんですか?」
「これってこれを胸に巻くか、どうにか体に巻き付ければこの下に降りられるんだよ」

下って4階です。

「へ~~そなんですか?じゃあ今検査するんですか?」

検査=だれか降りるなんですか?・・の意味!(要は動作チェック)

皆さん無言だったような気がします。

あとでその消防設備のメーカーに消防署が帰ってから聞いたんですが

菊間元アナの事故のことを聞いたんですよ~~

どおりでだれも降りたがらなかったわけなんですね~~

菊間元アナの事故後の行動!

この事故の10日後にテレビをつけたら、自分しかできないと思っていた番組にすでに代役が立っていたことにショック!

う~~ん

だよねえ~
自分が一番自信をもってやってやっていた番組に何事もなかったように代役のアナウンサーが、しかも何もなかったようにもうずいぶんと長い間番組をやっていたような雰囲気で・・
そりゃあがっかりするよな~~

我々サラリーマン社会と同じ何を言っても我々は会社の駒でしかないわけです。

それが歩なのか突撃の槍か金か果ては重役の角でも同じことかもしれませんね。

菊間千乃さん曰く・・

「10年後になりたい自分を具体的に考えて」んは入社当時はアナウンサーの賞味期限は35歳まで。10年後もアナウンサーでいるのは無理だと思った・・
そうコメントしています。

そこで一念発起いして司法試験受けるべく猛勉強。
何せ大学は早稲田大学の法学部。

法科大学院に入学して猛勉強して2010年に司法試験に合格

なんと飯とお風呂と寝る時間以外は勉強していたといいますから、此れもまたすごいですね。

そして2014年に結婚して今は幸せそうですね。
お相手は一般の方のようです。
同じ早稲田大学のご出身のようです。

菊間弁護士の一番の言葉の印象で気になったのはこれ!

「10年後になりたい自分を具体的に考えて」

これですね。
私のサラリーマンの恩師の方もそういってました。

「Sさんいつも5年後自分がどうしていたいか考えていくと、人生いいものになるよ!」

これですよ。
今だけを考えていたのですが今で終わってしまうわけです。

常に先の人生を考えて生きていかないと、成功しないんだよね。
何の成功かはその人それぞれでしょうが、少なくとも前向きなポジティブな考えではあると思います。

菊間千乃さんは現在弁護士家業・・なのですが何の因果かわかりませんが担当がなんと

「フジテレビ」

だそうで・・(何時までかはわかりませんが・・)

しかしきれいな方ですね~~~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る