桐谷健太のターザン(声優)のギャラはいくら?年収も調べてみた!

『ターザン:REBORN』が今日(7月30日)公開されました。
しかしターザンってずいぶん昔から、数十年の歴史がある漫画から始まった物語のような気がしますが、でも夢がある冒険的な物語で大好きでした。

スポンサーリンク

で・洋画には字幕版と吹き替え版があるのは当然。

で・その吹き替え版の声優がなんと・・桐谷健太さんです。
驚きましたが、でもなるほど・・と、

そこで気になるのが、この大ヒット間違いなしの映画の声優を務める、桐谷健太さんの声優さんとしてのギャラと、ついでですが年収などを調べてみました。

桐谷さんすいません!

気になるもんですから・・

ターザンREBORN吹き替え声優桐谷健太のギャラを予想してみた!

皆さんはターザンって知ってますか?

多分私と同じ年代の方はあのジャングルの中で、蔦をどんどんつたわって移動していくあのイメージが強くって忘れられない物語、以前の昔の映画化と思います。

が・・しかし・・

時代は変遷して最新のターザンの映画が7月30日から公開されています。

『ターザン:REBORN』

です。

「REBORN」 って??

これって生まれ変わりって意味でしょうか?
私は英語がよくできないのですが、なんとなくイメージはできそうですが、ターザンの生まれ変わりで、まったく新しいターザンの物語ということかもしれませんね・

なんか物語の予告編を見ると、やはりそのようなイメージで、これまでのターザンとはちょっとイメージが違うようです。

物語りの内容は予告編をどうぞ・・


(出典元:『ターザン:REBORN公式サイトより引用)

ここで一大ニュースですが、この

『ターザン:REBORN』

の日本語吹き替えの声優を行っているのが俳優の

「桐谷健太」 さんです。

ハリウッド映画からの声優としてのオファーというのはすごいですね。

さてそこの映画ターザンREBORNの声優さんとしてのギャラを大胆に予想してみます。
これは公開はされてません。

がしかしこれまでの例でいい例があったのでこれで予想してみることにします。

以前大ヒットした映画で日本だけで253億円ほどの売り上げを上げた

『アナと雪の女王』

で女王・エルサの吹き替えを担当した松たか子さんです。
彼女のギャラが「500万円」だそうです。

それと主役のアナの吹き替えを担当した神田沙也加(28)さんのギャラは「400万円」だそうです。

このギャラは固定なようですね。
例えば売り上げに応じて・・
これはハリウッドの俳優さんには多いようです。
一時期ハンソロ船長の役のハリソンフォードが話題になりましたね。

ヒットした時の出来高に驚きましたっけねえ~~

ということで今回のターザンの桐谷健太さんのギャラは予想するに、上記の神田さんの400万円までは、そこまではいかないと思いますが、近い線ということで予想しておきます。

皆さんはいくらだと思いますか~~

ついでに桐谷健太さんの年収も調べてみたので紹介します。

が・・しかし桐谷健太さんの年収はこうかいされてませんので推測するしかないようです。
一説には1憶はくだらない!
そういう情報もあるようですが、詳しくはわかりませんでした。

でも一般論としての私の感想ですが、こんだけ活躍して曲も売れてるのに1億無いんだったら、あほらしくってやってられん!!

そういう気持ちになると思いませんか~~

私の勝手な推測でした!

ここからは私のターザンリボーンについての蛇足と感想を書いてみました。(下に続く)

『ターザン:REBORN』の声優の桐谷健太さんのイメージ

ちょっと意外な感じもしないではないですが、しかし桐谷健太さんのこれまでの活躍を考えるとそれもやっぱし!
的な感じもします。

だってイメージが野性的でぴったしな感じですね~~

インタビューでどういう感想を言っているのか?

今回のターザンの声優のオファーを受けたときの心境は桐谷さん曰く

「ターザンって聞いた時に『あっ、いけそう!』って思った。わからないですけど、いけるんちゃうかと。自分と重ねあう部分があったのかもしれないですね」

これですよね。

自分でもわかってるんちゃう?

そう思った私の第一印象です。

自分で思うに生まれ育った環境や、自分の幼少期の風景からターザンっぽいと感じていたようですね。

男ってある意味そういうところがあると思いませんか?

それと子供ころから自然のある所に行くのが大好きだったということで、それでもイメージがマッチングしたんだと思います・

ターザンの家は自然のジャングルが我が家なわけです。

気持ちが大自然にないと声優だってイメージできないだろうし、何しろなりきることなんてできないわけです。

そういった意味では桐谷健太さんにとっては自分自身にイメージがぴったりの作品だったようです。

声優さんって声のイメージですが感情を出すためにアクションは?

声優さんの場合は声だけですが、思うに声だけで臨場感や実際のその雰囲気を出すのは難しいような気がするのですが、そう思うのは自分だけ?

いや~~

映画の場面見ながら配本というか台本があるんでしょうから、映画でターザンが襲われる場面などでは、立ち上がってマイク片手に身振り手振りでその時のイメージを自ら演じるそぶりでしゃべってるんではないでしょうか?

私はきっとそうだと思うな~~

だって座ってしゃべっていただけで社、雰囲気出すのはどうしたって難しいですよねえ~~

桐谷さんもアクションさながらで、声優にチャレンジしたんだと思います。

それを裏付けるコメントが・・

「主役のターザンを、自分に“憑依”させて言うっていうことを大切にしました。人の演技に魂を吹き込んでいくっていうのは、経験したことがなかったので、その“間”を合わせたり、緻密だけど大胆にいかないといけないという、両方を持っておかないといけない難しさと面白さがありましたね。自分らしさというのは勝手に出てくるだろうから、オレだけのターザンになったらイカンということは常に気をつけていました」。

う~~~ん
さすがプロの役者魂!!

イケメン俳優ですが、役者としてもさすがプロ、声優としても存分に表れてますね!

さて・

『ターザン:REBORN』

皆さん見に行きますか~~

私は8月1日に見に行こうと思います。

ではまた~~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る