ラニーニャ現象で2016~2017冬の関東甲信は雪が多い?気温も気になる!

2016秋(12月)~2017冬(2月)関東甲信地方の、気温、降水量、降雪量の予測です。
今年はラニーニャ現象と、いわれています。
ラニーニャの影響がどれだけ、関東甲信地方の冬の天候に影響を及ぼすのか、考察してみます。

さて今年の冬は雪が多いか、少ないか?
暖かい冬だといいですよね~

スポンサーリンク


今年はラニーニャ現象の冬といわれているようです。
ラニーニャの冬ってどういう特徴があるんでしょうか?

それも含めて関東甲信地方の、今年の冬を考察しようと思います。

では最初に結論から。

関東甲信地方の2016秋(12月)~2017冬(2月)の気温、降水量、降雪量は?

気象庁発表の今年の冬の、寒冷時期の3か月予報です。

12月~2月までの気温予想

kkannroukousinnranikion002
(出典元:http://www.jma.go.jp/より引用)

12月~2月までの降水量予想

kkannroukousinnranikion003
(出典元:http://www.jma.go.jp/より引用)

12月~2月までの降雪量予想

kkannroukousinnranikion005
(出典元:http://www.jma.go.jp/より引用)

上記の予想に見るとおり、関東甲信地方の今年の冬は、どれをとっても、平年並みという予想のようですね。

がしかし下記のような統計のデーターがあります。
ラニーニャ現象が発生していた時点での、出現するデーターを統計で表したグラフです。

ラニーニャ現象が発生時の冬の天候の傾向(データーのまとめ)

気温

kkannroukousinnranikion000
(出典元:http://www.jma.go.jp/より引用)

降水量

kkannroukousinnranikion004
(出典元:http://www.jma.go.jp/より引用)

日照時間

kkannroukousinnranikion001
(出典元:http://www.jma.go.jp/より引用)

残念ながら降雪量はないんですね~

これを見ると日照時間は多い傾向にあるのですが、降水量も多い・・

ということは短期間で、多いということになるのかな?・・多分!(ただしこれは太平洋側)

気温は低めの傾向が出ています。

でも平年並みという予想ですので、ラニーニャはまだ弱い・・ということなのかもしれないですね。

スポンサーリンク

ラニーニャ現象と、その場合の冬の天候の特徴について

気象庁の発表では2016年9月9日に

「ラニーニャ現象が発生していると思われる」

そう発表がありました。
ということで今年の冬はラニーニャが確定したわけです。

ではラニーニャとは?

写真のように、ペルー沖で海水温が低いために起こる現象です。

rani-nya1
(出典元:http://www.jma.go.jp/より引用)

この反対がエルニーニョなのですが、今回はラニーニャなので、こうなると特徴的には

「夏が暑くて冬は寒い」

そんな傾向があるといわれているようです。
ということで最近の残暑は、この影響かもしれないですね。

但し一律に全国的に冬が寒くなるかというと、そうでもないようです。

やはり日本も縦にすれば長いですから、北海道と九州地方や山陰では、また予想が違うようですね。

今回は関東甲信地方の長期の予想なので、その地方のみを対象に書かせていただきました。

但し、長期予報は変わる可能性もありますから、注意が必要ですよ~~

関東甲信地方の冬の天候予測まとめ

今年の冬はラニーニャです。

ラニーニャの天候の特徴は

「夏暑くて冬寒い」

のようです。

関東甲信地方の、今冬(2016秋~2017冬)の天候予測は

「平年並み」

という予想のようです。
詳細も見てみたのですが、見事に平年並みで一致しているようです。

但し変わる場合もありますから、注意は必要です。

それと甲信地方は、盆地性の気候ですから、ある年のように国道が数日間閉鎖されるような、大雪が降らないとも限りません。

冬の備えって、重要ですからこれはきちんと準備しておきたいですよね。

長期予想が変更なった場合は更新していこうと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る