タバコ増税のメリットデメリットは?値上げ時期や価格が気になる!

昨日(2016年10月25日)自民党議員団の提案で、たばこを増税して一箱1000円に!

そんなニューズがヤフーのトップページで、報じられていましたね~

然し、一箱1000円とはこれまたすごい増税で、まるで吸ってる方非国民扱いのような気もします。

どうやら、増税もさることながら、2020年の東京オリンピックに合わせた、受動喫煙防止・・
そんな意味合いもあるようですが・・・さて?

スポンサーリンク

皆さんは喫煙者ですか~

私は実はやめた(禁煙)口です。

もう禁煙を完了してからすでに、

「30年近くになります」

もう吸いたいとは全く思いませんし、隣で喫煙していても何にも気になりませんが、しかしあの煙の中だけはやはり、長い時間はいたいとは思いまsんね。

たばこ増税で1000円の本当の意味について考える!

今回増税案に対しては、どうやら賛成と反対が拮抗している様子!

しかし思うに喫煙派はかなり肩身が狭いですし、吸わない方の方が多いわけですから、これはやはり喫煙者には不利ですね。

でも1000円にしたら、JTはどうなるんだろ?

禁煙者が増えたら、会社成り立たないんでない?
そういう思いもあるんだな~

で・・

調べたら今やJTはたばこ産業ではないんですね~
これは驚きましたよ。

私のゴルフ仲間もそうでしたが、一生懸命に冷凍食品売ってましたよ~

今や比率的にはおそらく(正確に走りませんが・・)たばこ以外の事業売り上げが、圧倒的かと思います。

しかし1000円の理由が

「東京オリンピック、パラリンピックに向けた受動喫煙の防止」

ということのようですが、ちょっとこの意味を考えてみましょう!

受動喫煙の防止なんですな~

っていうことはやっぱし1000円にするから、喫煙はやめろ!

そう言ってると思いませんか~

どう考えても喫煙者減らして、煙プカプケ吐く人はこの世からなくしたい!

此れだな・・・やっぱし。(でもそうは言わないわけです・・・絶対に)

タバコ増税のメリットデメリットについて考える

たばこ増税のメリットとデメリットについて

自分なりにまとめてみました。
自分がどう思うかで書いてみたのであしからず!

メリット

  • 1:成人病対策費が節約できる
    2:増税で国庫が潤う
    3:愛煙家の減少で受動喫煙が減少する
    4:火事が防げる
    5:肺がんが減る

デメリット

  • 1:企業の売り上げの減少(JT)
    2:お父さんの財布がスキマ風(やめられない方)
    3:お店が成り立たない(売り上げ減少)
    4:ストレスが多くなる!

今ざっと考えてみたのですが、こんな感じかと。

但し、増税で国庫が潤うかというと、どうやらそうでもないそうですよ。
値上げで禁煙する方が増えますから、その分売り上げが減る=税金も入らない。

という試算もあるようです。

あと肺がんが減るということも、どうやらないという意見もあります。
東大の何とかという教授の理論では、喫煙者は減っているのに、肺がん患者は増えているそうです。

ですのでこの因果関係は、ハッキリとは言えないような気もします。

皆さんはこのたばこ一箱1000円!

如何思いますか~~

スポンサーリンク

増税で値上げするならいつが最適か?

さてでは本当に値上げするの?

するなら何時だよ!

これ愛煙家の方には興味津々なところでしょうね~

なんで?

それまでに禁煙しなくっちゃ!

そう考えてる方も多いと思うんだよなあ~

もし上げるとすれば、すでに東京オリンピックって言ってるんですから、その前!

できれば2019年中には実行!

ってなるかな?

業界団体の反対にあって結局骨抜きに・・・
そうなるような気もするんだけど。

でも今回1000円ってぶち上げたんだから、まず値上げはその幅はいくらはいざ知らず、既定路線に入った感じですね。

ますます愛煙家の皆さんは肩身が狭いな~~

と思ったら、まったく肩身が狭くないおじさんや、お姉さんがいる会社を紹介します。

何を隠そう・・・わが社です。

わが社の愛煙家の喫煙所での問答集!

わが社も禁煙です。
しかし喫煙所はあります。

そこで皆さん老若男女相乱れて、プカプカけ煙をふかしているんだな~

で私は吸わないのですね。
でも井戸端会議は大好きですから、そこの場は貴重な私にとっては、情報の収集源なわけです。

ある日のこと、そこでいつものように煙草をふかしてる御仁が・・私の上司も含めていたのですが・・・
そこで私が言ったことが物議を・・・

まず私から・・

「あのさ~~君たちここでたばこ一日何本タバコ吸うの~」

って聞いたら・・皆さん

「一日会社にいる時で10本くらいかな~」
「俺は15本は吸うな~」
「俺は一日2箱吸うから、多分会社では1箱は間違いなく吸うな~」

っていうご返事だったのですが・・
そこで私が言ったことに対して、皆さん顔を背けたんだな。

「じゃあさ~~一本5分として10本なら50分、20本なら100分仕事しないでここでくっちゃべてんだね~~。それってその時間仕事さぼってんでない?」

ついでに

「俺吸わないから仕事するかといえば、ここにいるけど、では俺その時間ここで座っていたら、たぶん社長来たら、お前何やってんだ?っていうよね。」

「タバコ吸ってるから、あ~~タバコ吸ってんだ!と思うけど、俺がここで座ってスマホやってたら絶対に何やってんだお前?っていうに決まってると思うんだな」

「これって不公平だと思わない?」

って言ったらみんないや~~~な顔して・・
ある一人は

「俺はお国に税金収めてるから、大きな顔していいんだ!」

っていうから、おれがまた

「君たちが吸ってるおかげで、成人病対策で俺の税金が高いんだけど、どうしてくれる?」

って言ったらある一人は怒ってしまった。
そいつは部長だった!

ハハハハハ・・~~~

「おい部長ここで煙ふかして油売っていていのか?」

っては言えなかったが・・まあそういうことで。

増税のメリットデメリットと時期のまとめ

一箱1000円に上げるって本当かどうかはわかりませんが、東京オリンピックという「錦の御旗」を掲げてきた以上は、全然上げないということはないと思うのですが、皆さんはどう思いますか~

必ずしも増税で国庫が潤うという構図は、どこかで飽和するというのが下馬評のようです。

この1000円の値上げの意図しているところは、受動喫煙の防止=禁煙者の増加!

したがってこの世から喫煙者をなくせ!

そういってるようなものだと思います。

増税は単なるダシだと思うのですが、皆さんはどう思いますか?

私は吸わないからいいですが、吸う方にとってはやはり禁煙を敢行せねば!

そう思わせるには十分なインパクトに感じます。

然しだ・・・
喫煙所でたむろしてる諸君!

吸わない禁煙家の皆さんは、皆さんが煙プカプカの時間働いてるんだけど・・

そういう考えあるかな?

役所行ってもそうだよね。
外でプカプカやってるけど、あの時間は休憩時間?

ではないよね!

皆さんこれの方が、私は重要な気がするのだが・・・

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る