MONO(ドコモ)のメリットデメリットを調べた!月額料金は安くなるか?

ドコモの新商品「MONO」の、長所(メリット)と、短所(デメリット)を調べてみました。
ドコモからオリジナルのスマホ

「MONO」

の発売が発表になりました。
端末代が648円と言いますから、驚きますが実際それがトータルで見て、月額料金の総額が安くなるかどうかですが、ちょっと自分なりに検証してみました。

(現実には、まだ料金体系が詳しく発表になってないので、詳しくはショップで確認してくださいね。)

スポンサーリンク

ドコモから発表になった新商品のスマホ

「MONO」

ですが、どんなスペックなんでしょうか?
端末代が648円という設定がどういう意味があるのか、検証してみようと思います。

dokomonomo3
(出典元:https://www.nttdocomo.co.jp/より引用)

MONO(ドコモ)のメリットデメリットを調べた

どんな商品でも、メリットとデメリットがあります。

このドコモの新商品の「MONO」は、スマホの機能としての、メリットとデメリットはどんなものがあるか、ちょっと調べてみます。

基本的なスペックは下記です。

  • CPU:オクタコア 6コア
    メモリ:2GB
    内部ストレージ:16GB
    外部ストレージ:microSDカードの搭載が可能
    カメラ:リア1330万画、フロント490万画素素
    液晶サイズ:4.7インチ
    解像度:1280×720と低め・・
    OS:android 6.0 Marshmallow
    大きさ:136(H) × 69(W) × 8.8(D)mm
    防水構造、防塵構造は備えています。
    ワンセグ:無
    お財布携帯:無
    メーカー:中国ZTE

基本的には何のそん色もないようですが、ワンセグがないんですね。
でも、カメラもきちんとついてますから、そんなに悪いとは思えないような気がします。

domokomo2
(出典元:https://www.nttdocomo.co.jp/より引用)

尤も基本的に、アイフォンやXperiaと同等を望む方は、買えないですよね。

これは格安スマホですから。

端末代は648円だそうです。

でもこれって限りなく0円で、総務省の指導受けてるにいいの?

って思うのは私だけでしょうか?
いえいえ皆さんそう思うでしょうが、安く買えるんならいいじゃん!

っていうことでいいのかな?

その辺のことについて、ドコモの見解はこうですね。

総務省のガイドラインに下記の項目があるそうです。

「廉価端末(小売・卸売り価格が3万円以下の端末)の場合には、スマートフォンの価格に相当するような行き過ぎた額とならない範囲で、端末購入補助を行うことができる」

従って3万円以下の仕入れ価格のものなら、相当安くしてもいいということになるらしいのですが、これって抜け道っぽく感じるんだよなあ~

まあ、しかし安く買えるなら、それに越したことはないか・・そう考える方が大半だと思いますから、深く考えないことにしましょう!

スポンサーリンク

スマホ料金の月額総額は安い?

基本的に端末代は、初期に648円支払えばいいわけですから、実質0円みたいなものですね。

dokomomono
(出典元:https://www.nttdocomo.co.jp/より引用)

ではここからが気になるところですよね。

基本的な料金ですが

かけ放題:2916円
かけ放題ライト:1700円
データsパック(2GB):3500円
SPモード:324円

端末代=0円

とすれば一番安いプランだと1700+3500円+324円=5524円

で間違いないかな?(実際はご自分でよく計算、もしくはショップで確認してくださいね)

かけ放題ライトは、確か5分以内無料です。

普通は私の場合だとアイフォンの機種代が結構かかってきます。
確か覚えてないが・・1800円くらいでないかな?たぶん・・

私の例だと月のデータ通信料は、アイフォンですが、2Gで間に合ってます。(ただし家族割で3人で10Gの契約です)

なんで?

動画見ないですから。
それとLTE回線に接続するのは、本当にササッと見る情報のみで、プラウザ閲覧のみです。

動画や、集中して調べたりするのは、WIFI環境があるところで行います。

今やほとんどが公衆の無線ランが整備されてますから、支障がないかと思います。

都市部ならなおさらではないでしょうか?

こんな地方でもほとんど無線ランが使えますからね。

ドコモのMONOの戦略はもっと何かあるような気がする!

今回「MONO」という端末を、ドコモは投入してきました。

予約を開始しましたが、ターゲットは

「格安スマホ」

であることは明白だと思います。
であれば、これだけでは不十分だと思います。

料金プランをまだ、「MONO」専門の価格をだしていないので、市場の動向と、総務省の反応を見ながら、何か企んでいるような気がしてならないのですが…

皆さんはそうは思いませんか?

端末だけタダだって、料金がいつもと同じなら、何にも変わらないじゃん!

そう思う方だっていると思うんですよね。

であればやはり隠し玉があるような気がするんだよな~」

本当の格安で、例えばすべてコミコミ料金4000円ぽっきり!

なんていかがですか・・ドコモさん!

こんくらいやってくださいよ~~

domomono1
(出典元:https://www.nttdocomo.co.jp/より引用)

ドコモMONOに思うまとめ!

ほかの携帯大手も、何となく格安スマホにじわ~~りと展開するような感じなので、ここでドコモとしても中国の「ZTE」と端末を組んでいっそ格安で。

そんな思惑ですね。

しかし本当にこのMONOを売りたいなら、やはり格安価格で、新料金体系で行かないと、多分誰も買わないような気がします。

幸い料金体系はまだ何も発表してないので、MONO専用の料金体系が出ることに期待しましょう!

メリットは端末代が648円で実質タダ!

料金はその分が安くなる!

月額の総額料金は今のところ同じで、メリット無し。
従ってデメリットもなし・・かな!

しかし格安スマホがターゲットなら必ず新料金を発表してくるはず。

もし出てこなかったら?

もうドコモはやる気無し!

というレッテルをみんなで張ろう!!

ということでいかがですか~~みなさん!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る