無利息キャッシング利用の危険な罠!利息ゼロの甘い言葉に注意!

無利息キャッシングは期間限定(例えば30日・・)でキャッシング、要は借り入れた金額の利息がゼロになるサービス、ですがタダより高い物はないのが世の中!

手軽さをうたった金融機関の利用の、危険な罠ともいえると思います
利息ゼロの甘い言葉に注意!

スポンサーリンク

今無利息キャッシングをうたった、金融機関の広告がすごく多いですよね。
例えば新生銀行系の

「レイク」

とか他には

「プロミス」

「アコム」

とかが主だったところでしょうか。
この三つの金融機関はまあこの世界では大手ですよね。
がしかし審査は甘く申し込めばほとんどが即状態で融資可能で利用は極めて簡単です。

借り入れの際の金融機関の仕組みについて

思うに金融機関というのは会社の経営でいうならば、最初は都市銀行からの融資が受けられていたんですが、資金繰りがだんだん苦しくなって次に地方銀行に。

次はもう今はなくなる傾向にありますが、第二地銀といわれたグループへ。

次は信用金庫かとかのもっと下の金融機関へと。

次にどうしようもなくなっていくのが、上記の金融機関ですね。
ただしここまで行くと融資の金額は低額です。

言葉は悪いですが、下の方の金融機関は多少のリスクは取らないと、融資する先がないので少しくらいリスクがあっても融資の案件があれば貸してくれるんです。

それは私が実際に会社の経理とかの関係での、経験則ですから大体間違いがないと思います。

クリーンなベストな融資先はすべて、大手の金融機関にもっていかれてますから。

とここで個人の問題です。

個人だって融資を受けるには先に普通の金融機関に行くわけです。

上記三つに代表されるグループの金融機関に行く方は、やはりちょっと資金繰りが難しい方が多いような気がします。

現実にあった私の身内の話

私の妻の弟は最初はこれのかる~~い気持ちで、融資を受けて・・いわゆるキャッシングというやつです。

心がしっかりしていれば何のことはなしに、次の月に返済して行けたんですよね。
ところが意志が弱いもんだから、返さないでまた借りたわけです。

何に使用したか?

皆さん想像している通りのことですよ。
いろんな遊びです。

それを繰り返したらあっという間に膨れ上がって、金融機関からの取り立ての電話で勤務先にもかかっていって、もうすでに返済不能なところでギブアップ!
そこでばれたわけです。

500万オーバーです。

それをどうしたか?

私が保険を解約して貸しました・・
一度は助けてやろうと・・妻の弟ですから。

スポンサーリンク

しかしですよ~~~

このやろ~~~ですよ!

またやったんですよね。
その2年後に。

またまた500万オーバーです。

私が知ってる金額は200万ほど貸したはずですが、あとはばあさんの年金やら、たぶんどうにも不明な金額が私にあるんですが、妻が内緒で貸したんだと思います。

これは知らないふりしていますが、とても残念です。

これ読んでる方はどう思いますか?

何に使用するかわかりませんが、どこから借りるにしても借りるという行為は身の丈以上なわけです。

しかし借りていいものもあると思います。

例えば住宅ローンですが、これは夫婦が力を合わせての資産形成ですから、賛成です。

しかし借りた以上は返済しなくてはなりませんから、頑張らなくてはいけないですよね。
なんかそうでない方もいるようなので、それは残念です。

遊びに行くから、チョト5万円。
彼女と一泊旅行に行くから5万円をキャッシング。

こんなことしても彼女は喜ばないと思います。

生活が大変で・・

こういう理由もあるでしょうが、だったら借りないで働きましょう!

え?

働く場所がない?

職安には仕事がいっぱいありますよ~~
(選ぶからないんだと思います)

私が言いたいのは安易に借りたら私の弟のようになります。
絶対に借りたものは返さないといけませんから、その時点になるとそれ以上の地獄が待ってます。

ただほど高い物はないんですよ。

金利、利息30日間無料!

それで騙されてはいけません。

あ?返済忘れた!

これがきっかけにならないように、十分に気を付けてくださいね!!

勿論金融機関はそれを口に出しては言いませんが

「待ってるんだと思います」

世の中小さなことがきっかけで、人生がだんだんくるっていくことが、往々にしてありますからね。

マイナーなことばかり書いて申し訳ありませんが、経験するとそうなると思いませんか?

借りる=そのことを実行する意味がない

私はそう考えるようにしていますし、無論そう思っています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る