ドローンレーサー(京商)の最安値の価格は?格安の値段を調べてみた!

京商の車のように動く、低空飛行の「ドローンレーサー」が話題です。
自動ホバリングで、ぶつかっても壊れない強度も持ってます。

FPVモデルは現在開発中!
ドローンレースを支配する日も近い?

発売日に最安値の価格で、購入する方法を考えてみたので紹介します。

スポンサーリンク

京商といえば「ラジコンカー」のメーカーと思っていましたが、今回はチョト違います。

京商の新商品はなんと「ドローン」です。
しかもレース用のドローンで名前が

「DRONE RACER/ドローンレーサー」

というものです。
驚きました。
これがまたかっこいい!

まずは書き動画をご覧ください。
これは「第56回全日本模型ホビーショー」というのが東京のビッグサイトであったのですが、その時の映像のようです。

京商DRONE RACER

(出典元: nikkeibp公式より引用)

ドローンレーサー(京商)の最安値の価格で購入する方法!

まず品物がわからないといけないですよね。
これ見たらドローンファンは、まず以ってほしくなること請け合いですね。

正直私もほしくなってしまいそうです。

まずこの形ですが、私が速攻で思ってイメージしたのは、スターウォーズの

「ポッドレーサー」

ですよ。
あれが高速で飛んでいるイメージですね。

kyoushou2
(出典元:http://trendy.nikkeibp.co.jp/より引用)

しかもこのモデルは、自動で地上35cmかもしくは60cmをコントラーで設定すれば、あとはセンサーで自動で高度を維持して飛んでくれます。

まさにレース専門に特化した、ドローンレーサーというわけです。
タイプは二つです。

  • G-ZERO (ジーゼロ) ダイナミックホワイト レディセット
  • ZEPHYR (ゼファー) フォースブラック レディセット

価格は必要なものがそろって

「26000円」 です。

発売日がなんとまだ先で

「11月25日」

ということです。(ファンは早くほしい!!!)

kyouhsou3
(出典元:http://trendy.nikkeibp.co.jp/より引用)

では

安く買う方法はどうしたらいいか?

なんでもそうですが、私の場合はまずは

  • 1:メーカー直販サイト
    2:楽天、アマゾンなどの大手通販サイト
    3:ヤフーのオークションサイト
    4:価格ドットコムでの比較で最安値を見る
    5:家電量販店などの価格をチェック

安い買い物ではないですから、まずはこの5つを必ずチェックします。

価格の多少の差はあろうかと思いますが、最終的には何処が一番安心して買えるか?

それで判断します。
経験上ですが、高い買い物になるほど、価格ドットコムの効果が高いような気がします。

カメラやパソコンは一番安かったのはやはり

「価格ドットコム」

でした。
まあ皆さんの購入スタイルもあるでしょうから、それなりに参考になさってください。

kyoushou4
(出典元:http://trendy.nikkeibp.co.jp/より引用)

ただこれだけはおすすめなのは、こういったものを購入する際は、必ず現物を確認してくださいね。

がっかりする場合もありますが、どんどんほしくなるそのモチベーションが上がってくる、その感覚が大好きです。(笑

そこで冷静になってまた上記の5つの方法で、最安値をしらべて価格比較をするわけです。

故障や修理は、基本メーカー対応ですから、どこから購入しても同じだと思います。

安いから悪いなんてことは、まず以ってありないので安心していいと思います。

一応大手通販サイトのリンクを張っておきますが、結構安く購入できるようですよ!

京商ドローンレーサー価格比較はこちら

京商はなぜドローンなのか?レースの実態は?

京商がドーンの世界に目を付けたのは、ドローンのレースに参加するということと、ドローンレースを日本で活性化させて賞金レースまで格上げしたい。

そういったことがあると思います。

現在ドローンのレースは

「カイトコーポレーション株式会社」

が主催するレースのみのようです。

民間で小さな大会などはあるのかもしれませんが、賞金を出してる大会は見当たりませんでした。

レースは2種類あるようです。

1:FPVレース
2:目視レース

この2タイプあるようです。
FPVレースには少額ですが、賞金が付きます。

目視レースには賞金が付きません。

スポンサーリンク

世界標準のレースは、FPVレースのようですね。

FPVとは

(ファースト・パーソン・ヴュー(First Person View)というようです。

これはドローンの先端にカメラを付けて、送られてくる映像をゴーグルのような、ビデオグラスで見ながらチェックポイントを通過させていくレースです。

これはリアルで、飛行機に乗ってるイメージになることは予想できます。
まるで戦闘機モードではないでしょうか?

この大会は今年ドバイで国際レースが開催されて話題になりました。

優勝したのは英国のチームで。スターパイロットはなんと15歳でした。

このレースには賞金があってなんと賞金総額が「100万ドル」だそうです。
優勝賞金は25万ドルといいますからすごいですね。

日本の男子ゴルフの優勝賞金より高いんでない?

その時の動画あるようですが、公式ではないのでリンクのみ張っておきます。
興味のある方はご覧ください。

決勝レースLuke Bannister 君のフライト!

話戻って、今回京商から発売のモデルは上記2つのレースがあるのですが、2の目視レース用です。

FPVモデルは現在開発中で、当然こちらに照準を合わせてくるのは、明々白々な事実です。

すでにサンプル品の写真もあります。

日本でこの2つのレースを席巻する日は、そう遠くないかもしれませんね。

kyoushou1
(出典元:http://trendy.nikkeibp.co.jp/より引用FPVモデルサンプル)

京商ドーンレーサーのまとめ

今回京商から発売されるドローンは、レース専用モデルで品名が

「DRONE RACER/ドローンレーサー」

です。
レースに使用する際は、目視レースのみです。

なお世界標準のレースに使用する、「FPVモデル」は現在開発中とのこと。

いずれ、近いうちにお目見えすると思います。

今回発売モデルは価格の設定が

「26000円」

です。
そんなに高い、高価なものではないですね。
もちろん、コントローターやその他電池など必要なものは、すべてそろっているキットです。(カメラは無し)

注目はそのあとの

「FPVモデル」

ですね。
これが出てくると賞金レースに参戦・・ですね。

ラジコンレースで一世を風靡した、「京商」が今度はドローンレースの世界、を席巻するかもしれません!

どんどん行ってほしいですね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る