スーパーフライ99(ドクターX4主題歌)の歌詞は?PV動画もチェック!

「Superfly」の曲名『99』が、ドクターX4作目の主題歌に決まりました。
越智志帆さんの99の歌詞は、どんなでしょうか?

気になるので自分なりに予想してみました。
PV動画もチェックしてみました。

歌詞の内容は大、門未知子の難局を乗り切っていく、ギリギリ感を出したといってますね!

スポンサーリンク

米倉涼子さん主演で10月13日からスタートする

「ドクターX」

の主題歌に越智志帆のソロユニット「Superfly」の曲名

「99」

が選ばれました。
越智志帆さんの曲はこれまでのドクターXシリーズでも1~3シリーズの主題歌を担当してきたのですが、今回も「99」で務めることに!

どんな曲なんでしょうか?

PV動画の公開が待たれるところですが、ここでは歌詞の内容を予想してみます。

dokutax
(出典元:http://www.tv-asahi.co.jp/より引用)

越智志帆・SuperflyドクターX主題歌99の歌詞を予想

越智志帆さん(Superfly)は前作でも主題歌を担当してきました。

  • 第1シリーズ(2012年10月期)で「Force」
    第2シリーズ(13年10月期)で「Bi-Li-Li Emotion」
    第3シリーズ(14年10月期)で「愛をからだに吹き込んで」

ですね。
そして今回は4作目になるわけです。

落合志保さん曰く

主人公の大門未知子さんは天才的な外科医で、担当する手術は孤高の絶体絶命位のギリギリの難易度!

それを強くイメージしたという歌詞だそうです。

99ってなんで99なんでしょうか?

99って危機的状況から起死回生を図るギリギリ感が99っていってますが・・

99に込められた意味というのはどうやら

「使命を果たす」

そんな意味が込められているようです。

大門未知子が使命を果たす意味での99に込めた思いを歌詞にしたんでしょうね。

残念ながらPVが公開されてないので、まだ詳しい歌詞はわかりません・・・残念。

代わりに前作のPVを張っておきます。

(Superfly『愛をからだに吹き込んで』)

(出典元:Warner Music Japan 公式より引用)

米倉涼子さんの新主題歌(99)についての感想は

「Superflyさんらしいノリノリのメロディーに、センシティブな歌詞が刻まれていて、すごく心が揺さぶられました。私自身もそうなのですが、『99』で描かれているような“ギリギリのところで頑張っている女性”は、世の中にたくさんいるはず。Superflyさんもその一人なんじゃないかな、と感じました」

こんなコメントですね。

皆さんギリギリのところで頑張ってる!

そうかもしれないですね。

Superflyさんの曲は、このドクターXに限って言えばノリノリのロックです!

歌ってる越智志帆さんの簡単なプロフです。

  • 名前:越智志帆
    出身地:愛媛県松山市
    生年月日:1984年2月25日
    デビュー:2007年
    趣味:読書、料理
    職業:歌手(Superfly)

ですね。

99にまつわる話

今は昔の中国が大清帝国の時に、香港の割譲を迫られた清朝は代表に「李鴻章」を香港に送るのでした。
紫禁城から馬で香港まで・・
何日かかったのかな?

それはいいとして、対するイギリスの交渉者はもう少し格上をよこせばよかったのですが(今となっては・・)香港の全権大使なんですね。

名前は忘れました。

当時李鴻章は北洋軍閥の総大将で軍権を握ってる実力者で、まさかの人がやってきたわけです。

交渉で割譲という言葉は使わずに、確か永遠(永久)租借を迫ったのですが、李鴻章曰く

「中国には永遠という言葉を指して99(ジュジュ)ということわざがある。あなたが言う永遠は中国では99年に当たる!」

ということで99年後に返還ということになったというお話です。

これは私は実際はわかりませんが、浅田次郎さんの「蒼穹の昴」の一節にあります。

言葉までは同じかどうかはわかりませんが、意味合いはこういうことでしたね。

首相あたりが行けば、どうなっていたか??

余談でした。

ドクターX4主題歌のまとめ

ドクターX4の主題歌は越智志帆さんのソロユニットの

「Superfly」

の曲名

「99」

に決まりました。
難手術に立ち向かう、大門未知子さんのギリギリ感を出した曲ということで、早く聞いてみたいですね。

残念ガラPV動画はまだ公開されていないようです。

され次第追加でアップしようと思います。

またまた毎週の木曜日は楽しませていただきます。

米倉涼子さんかっこいいですもんね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る