ジョジョの奇妙な冒険の実写映画化に反対?ネタバレも話題!

ジョジョの奇妙な冒険が、実写映画化されるようですね。
中にはアニメの実写化に、反対する方もいらっしゃるようです。

人気アニメが実写化される背景には、どんな意味があるのか?。
今回の映画化においての、キャストやあらすじのネタバレも、話題になってるようなので併せて紹介します。

スポンサーリンク

原作が荒木飛呂彦さんの代表作の

「ジョジョの奇妙な冒険」

が実写映画化されることになったようです。

熱心なファンならご存知のように、この「ジョジョの奇妙な冒険」は6部の構成になっているようです。

その中でも今回実写化されるのは、舞台が日本の第4部の

「ダイヤモンドは砕けない」

のようですね。
このジョジョの奇妙な冒険の舞台は、各部でそれぞれ違っています。

アメリカもあれば、イタリアもあります。

その中でも今回の実写映画の舞台は日本ということですね。

ところでこういった有名漫画(コミック)が次々に実写化されていくのに、反対の方もいるのはご存知ですか~

jyojyo2
(出典元:http://jojo-animation.com/より引用しました)

ジョジョの奇妙な冒険の実写映画化に反対の理由は?

最近思うのですが、いろんな漫画や小説などが実写映画化されていきます。

なんで?

やはり有名漫画や、小説というのはもうすでに売れてるという実績がありますから、実写映画化して公開すればあっという間に大ヒット間違いなし?

とまではいかないでも、そこそこ集客と売り上げは見込めるわけです。

そこへもってきて若手の売れっ子の俳優さんや、女優さんを持って来れば、ますますヒットする確度は上がるわけですよね。

が・・しかし・・

なんで反対?

これはせっかくの漫画やコミックのイメージが、違ってくることや、漫画のキャラクターと実際の俳優さんや女優さんのイメージが一致しない・・などというのも考えられますよね。

そもそも例えばこの

「ジョジョの不思議な大冒険」

の超能力である

「スタンド」

をどう表現するか?

真田丸のような歴史ドラマなら超能力のようなものはないですから、実写は可能でしょうが、超能力は私が考えるには「CG」しかないように思います。

するとやはり現実とは違ってくるんだよね~~

ここでやはり漫画、コミックの世界と実写とのギャップが出るんだと思うのですが、皆んさんはどう思いますか~~

このジョジョの不思議な冒険は、当初は少年ジャンプ連載で、ずいぶん前から連載でしたよね~

ここ数年は読んでないですが、今から30年近く前からの連載で、毎週読んでいた時期があります。

面白かったですね。

コオミックはシリーズ通算で、117巻発行で通算発行部数は、9000万部といいますからすごいです。

実写化するにしても、それぞれのキャラクターのイメージって、崩さないようにしてほしいですね。

スポンサーリンク

ダイヤモンドは砕けない篇あらすじのネタバレとキャスト

このダイヤモンドは砕けない篇は漫画の世界では、第4部になります。

舞台は日本で、杜王町という設定です。

物語は空条承太郎太郎が、この街にやってくるところから始まります。

そしてリーゼントで決めてる東方仗助という高校生に会うんですね。

この漫画の肝の超能力

「スタンド使い」

はひかれあうという法則があるんですよね。

そこで様々なスタンド使いが、この日本の杜王町というところに集結していきます。

虹村億泰や広瀬康一は様々なスタンドの能力を持ってる、キャラクターと戦いを繰り広げていくことになります。

っていうストーリーが、「ダイヤモンドは砕けない」のストーリーです。

主役のジョジョの役を演じるのは山崎賢人(22)さんです。

主なキャストは下記のとおりです。

  • 東方仗助訳:山崎賢人
    空条承太郎役:伊勢谷友介
    広瀬康一役:神木隆之介
    虹村億泰役:真剣佑
    虹村形兆役:岡田将生
    山岸由花子役:小松菜奈
    片桐安十郎役:山田孝之
    東方朋子役:観月ありさ
    東方良平役:國村隼

とこんなキャストのようです。

ところでこの漫画の肝は各キャラクターの特殊な能力の

「スタンド」

ですね。
それと「波紋」というエネルギーを伝達する方法の能力のことですが、この能力も注目です。

スタンドという概念は、のちに数多くの漫画の主人公に影響を与えることになりますね。

『幽☆遊☆白書』の仙水編、そして『ハンター×ハンター』における「念」など、数多くの漫画の主人公の特殊能力に影響を与えたと思います。

さてそれを実写ではどう表現するんでしょうか?

気になるところですし、実写に反対する方はやはり、この部分を漫画でしか表現できない良さがあるわけです。

jyojyo1
(出典元:http://www.araki-jojo.com/より引用しました)

ジョジョの奇妙な冒険実写化のまとめ

物語の実写化はシリーズの中でも日本が舞台の

「ダイヤモンドは砕けない」

です。
不思議なスタンドという能力を持つ、キャラクターが現実離れしたアクションを展開する物語ですね。

こういったコミックや漫画の、実写映画化が多く行われてますが、これについての意見などを書かせていただきました。
皆さんはこういう風潮というか、現代の流れをどう思いますか~

特に人気の漫画で鵜sから、話題が多くなって皆さん映画館に、足を運ぶ方が多くなるのはいいこと!

それもあると思います。

深く考えることでもないような気もしますが、熱心なファンはコミックの世界のイメージが壊れる・・・

そんな意見もあるようです。

まあそれはさておき・・

この超能力の表現って、自然に漫画の世界のように表現できるものなのかな?

これには興味があるな~~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る