金メダル男のストーリーの結末は?ラストのネタバレが話題!

金メダル男のストーリーの結末を予想してみます。
ラストのネタバレが話題になってますが、映画自体もHey!Say!JUMPの「知念侑李」さんが主演で事前から人気のようです。

原作は内村光良(ウッチャン)さんで新聞に連載されました。
文庫本で発売されてるようです。

スポンサーリンク

内村光良(ウッチャン)さん、原作の「金メダル男」が10月22日より公開されます。
この「金メダル男」ですが、内村光良(ウッチャン)さんが読売新聞の夕刊に連載して、現在は文庫本になってるようです。

話題性は抜群で、キャストが素晴らしいですね。

その中でも話題なのがHey!Say!JUMPの

「知念侑李」

さんですね。
役がとてもうまいと評判になっているようです。
ではどんな映画なのか見てみようと思います。

kinnmedaru
(出典元:http://kinmedao.com/より引用しました)

金メダル男のストーリーはどういう物語なの?

まずこの出演者の方のキャストから見てみましょう。
すごい顔ぶれです。

どうしてこんなにスターが集まったの?

これってもしかして内村光良(ウッチャン)さんだからかもしれないですね。
皆さん内村さんのこの小説に感動して集まったのかもしれないです。

予告編はこちら!
金メダル男予告編!(公式サイトへのリンクです)

そのまんま引用します!

秋田泉一(壮年期) – 内村光良
秋田泉一(青年期) – 知念侑李(Hey! Say! JUMP)
亀谷頼子 – 木村多江
村田俊太郎 – ムロツヨシ
横井みどり – 土屋太鳳
秋田留一 – 平泉成
秋田房江 – 宮崎美子
難波寅太 – 笑福亭鶴瓶
大西利空
大泉洋
上白石萌歌
大友花恋
ささの友間
音尾琢真
清野菜名
竹中直人
田中直樹
長澤まさみ
加藤諒
柄本時生
山崎紘菜
森川葵
ユースケ・サンタマリア
マキタスポーツ
手塚とおる
高嶋政宏
温水洋一
荻野可鈴
山田朱莉
志田友美
小林れい
京佳

なにこれ?
って思いません?
上から5人目くらいはまずいいとして、その下ですよ。

大泉洋さんや竹中直人さんや長澤まさみさんや加藤諒さんや森川葵さんや高島正弘さんなどの豪華なキャストですね~~

どうしてこんなに集まるのか、ちょい不思議な感じがします。

舞台は長野県塩尻市ということなのでロケ地も、その長野県塩尻市で行ったようです。

1964年東京オリンピックの年に生まれた主役の秋田泉一さんが、何事にも一等賞になることを目指していくという、コメディー感たっぷりの映画です。

塩尻の金メダル男の、挫折感たっぷりの人生物語です。

最初は運動会でも水泳でも一等なのですが、カワイコちゃんにハートをとられてから、なんか変な方向に行ってしまうというストーリーですね。

そこから挫折の数々を経験していくわけです。

挫折の数でも一等賞の金メダルなんだな!

スポンサーリンク

映画金メダル男の結末、ラストはどうなる?

小学生の時から塩尻の金メダル男の異名をとっていた、秋田泉一さんですが、やはりムネキュンの女子には勝てずにどんどん挫折していって打ち砕かれていくんですが、この主人公は何度も立ち上がるんですね。

まるで打たれ強さの象徴とでもいうべき存在です。

サラリーマンの世界で言えば、これが理想のようです。

いちいち小事で落ち込んでいたら、サラリーマン務まりませんからね。

こうやって打たれても、打たれても這い上がる人だけが成功するんだと思います。

人生ってそういうものではないかな?

でも言葉でそうはいっても、甘いことはないわけで・・

だから人生って面白いのかもしれないですが。

女難で何度も失敗するんですが、最後には理想の女性と巡り合うようですね。

仕事でも絶対あきらめない、この根性見てやってください!

kinnmedari
(出典元:amazonより引用しました)

ラストはどうなる?

さて・・

これは映画を見てのお楽しみですね。

・・・

なんて言ったら話し終わってしまいますから、私の予想を書いてみようかと。

仕事で大きく悩んだ内村さんは家族に相談!

そしたら妙案が!!

家族の愛情に救われて、仕事も成功して感動のハッピーエンド!

こうなるかどうかわかりませんが、そうなる予感がします。

何といっても内村さんですから、暗い終わり方ってちょっと考えずらいので・・(あくまでも私の予想です!)

映画「金メダル男」のまとめ

映画「金メダル男」の公開は10月22日です。

主題歌は桑田佳祐さんで「君への手紙」という曲です。

主役は若いころの秋田泉一さん役はHey!Say!JUMPの

「知念侑李」さんです。

大人の秋田泉一さん役は、内村光良さんが直接演じてます。

とにかくキャストがすごいですし、内村さんらしいコメディーっぽい作品にしがってると、前評判のようですね。

1964年って東京オリンピックの年なんだね~~

まあ・・自分としても懐かしい年代ではあります。

そのころの生まれの方には、たぶん挫折はあっても引きこもることは、なかったような気がするな~

今の年代の方とはちょっと時代も違うからですが、意識の持ち方とか根性も違うような気がします。

もちろん周囲の社会環境が、がらりと変わりましたから、同じように比較なんてナンセンスなのかもしれませんが。

ちょっとこの映画の話題を書いていて、そんなことを感じてしまいました。

お~~い~~

同年代の方・・

いたら映画見に行ってくださいね~

あ・・・

同年代どころかHey!Say!JUMPの

「知念侑李」

さん世代の方が多いか・・

金メダル男文庫本はこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る