何者(映画)のストーリーや結末は?ラストのネタバレが話題!

何者(映画)のストーリーや、結末が気になるので調べてみました。
就活生のラストのネタバレが話題なようですが、自分が何者かを知って終わるのか、それともスタートなのか?

主演は佐藤健さんと、有村架純さんなどなど・・
最高のキャストです。
心をえぐられるような「何者」のラストに注目ですね~~

スポンサーリンク

朝井リョウさんと言えば,

平成生まれの直木賞作家です。
その朝井リョウさんの「何者」が実写映画化されます。

平成生まれであれば、多分朝井さんも一度は、この小説の内容の就活を経験したことだと思います。

経験すればこその、この「何者」という就活生の心の葛藤を書いた小説が生まれたんだと思います。

ではこの映画の内容って?


(出典元:東宝MOVIEチャンネル公式サイトより引用しました)

何者(映画)のストーリーやあらすじはどうよ!

この映画のストーリーのキーパースンは5人です。
主演は二宮拓人役を佐藤健さんが努めます。

それから最近絶好調の

「有村架純」

さんが帰国子女での配役で出演されてますね。
有村さんはこの映画のほかにも、映画の出演が目白押しですよね。

CMもエリスやおーいお茶などに出演しています。

それはいいとしてストーリーの主体は、就活です。
詳しくは書けませんが、皆さん就活やっている方なら、友人の就活って気になりませんか?

「おいあいつ内定貰ったらしいぜ!」

「え~俺なんか10社回ってもまだ最終面接行けてないのに?なんで?」

こんな感じの状況下になったら、心中複雑な気分になりませんか?

まさにここですよね。

ここの心の分析を、この5人の男女を巻き込んで演じていくわけです。


(出典元:東宝MOVIEチャンネル公式サイトより引用しました)

就活に必死な主演の佐藤健さんと、そうでも独自路線のギンジとの違いや、恋や片思いも入り混じって、最後はどうなる?

スポンサーリンク

何者の結末・ラストはどうなる?

小説ですからすでにバレバレですが、簡単に言うと他人のことばかり気になっていた主人公が、彼女の一言で振り切れて、カッコつけるのをやめた!

短所はカッコ悪いところ、長所はカッコ悪いことを認めることができたところ!

だという結末らしいのですが、自分を知るということではないかな?

そういうことを感じます。

シェークスピアの戯曲なんでしたっけ?

「リヤ王」

かな・・忘れましたがこれだけは覚えています。
これは有名な言葉で、私が学生の時に英語の科目でのテキストでした。

「Who am I」

he said

彼はなんといったかというと、私は何者?

そう言ったんです。
自分はいったい誰なんだ?
そして私はこの世に存在する何者なのだ?

そう自問するんですよね。

よく日本でいうところの

「己を知る!」

ということの裏返しなのかもしれません。

映画何者のまとめ

難しいこと抜きで、今の就活生の方は見たほうがいいような気がします。
また小説もよろしければ読んでみるといいと思います。

こういった内面の葛藤というのは、必ず自分に当てはまるところがあるはずです。

その為に作者の朝井リョウさんは、5人の違った考えのキャラクターを持ってきているんだと思うのですよ。

そこで内面の葛藤を書くことによって、大概の方の心の中をえぐっていく書き手の手法なんだと思います。

直木賞って私の中では芥川賞受賞した方の、商業作家で経歴を積んだ方のための賞だと思っていたのですが、最近・・ていうか違うんですね。

平成生まれの方でも受賞するんですねえ・

まあ時代は今に合わせて書いた就活生を書いた作品です。

大学生、高校生の方はこれから体験するようなことが、満載らしいですから、見ておいて損はないかと。

え??

私の就活??

いえいえ私の場合はもうすでに

そんな時代は終わってもう一つのしゅうかつ(あえてひらがなです)に近いかもしれません・・
いえいえまだまだ・・なんてね・・

文庫何者価格比較はこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る