片岡鶴太郎の絵の価格って高い?個展の評価と感想をまとめてみた!

片岡鶴太郎さんの個展に行って絵の、絵画の価格見て驚きました。
この価格って高いのか安いのか?

仙台藤崎の個展で見た、片岡鶴太郎さんの絵、絵画に対する自分の評価と、感想をまとめてみたので紹介します。
絵や絵画については詳しくはない私ですが、なんとなく飾っておきたい絵の種類に感じました。

スポンサーリンク

仙台の藤崎デパートの7階で

「片岡鶴太郎絵画個展」

題して

「還暦紅」(かんれきくれない)

があったので寄ってきました。
寄ってきた?

そう寄って来たんです。
当日(9月11日)は仙台ジャズフェスティバル2016で、目的はそれだったのですが、勾当台公園(定禅寺通り)から帰りのバス停までは、駅前ですから1番町を歩いていくことになるので、要は途中です。

jap1070971
(パンフレッドの写真です)

片丘鶴太郎絵画個展「還暦紅」感想と自分の評価について

場所は藤崎ですが、ここの7階では何かしらいつもイベントがあるようですね。

なんで知ってる?

妻が新聞の広告で見たら、そのジャズフェスの日にやってるということで、では帰りにでも!

そういうことで寄ってみたのですが、写真のような入り口ででっかい写真でした。

jap1070970

この写真は受付で撮っていいという許可をいただきました。
もちろん中はだめです!

入場料は1000円でした。

jap1070973

片岡鶴太郎さん絵を描き始めたのが38歳(?)の時だそうです。
それから20年以上書き続けて還暦になったのだそうな。

そして還暦といえば紅(赤い)の手ぬぐいをかけて・・そう思うのは私だけかな?

片岡鶴太郎さんの最初のころは知りませんが、テレビで宗像志功の役をやったのを覚えています。

なかなかいい役でしたね。

棟方志功は青森県出身で有名な版画家です。

私の感覚ではあの

「爆発だ~~」

の太陽の塔の作者の「岡本太郎」と両輪のイメージがあるんだよね。

片岡鶴太郎の絵って高いか安いかを考察してみる

片岡鶴太郎さんの、「個展」なのでご本人の絵を鑑賞してきました。

あの金魚の2つ折り屏風の絵はすごかったなあ。

kataokakinnjyo
(出典元:http://laughy.jp/より引用いたしました)

いや~私は鶴太郎さんの絵って初めて見たので、ちょっと衝撃的でした。

私は絵はわかりませんが、しかしわからないなりにも感じるものは、少しはあるんだよね、

正直購入したい分野のいい絵だとい感想です。

さてその絵の、絵画の価格ですが・・
この価格は高いのか安いのか?
私には何とも。

スポンサーリンク

実際見てきましたので紹介します。

が・・しかし証拠の写真はもちろん取れませんし、メモも取れませんので今の記憶だけですからあしからず・・

まず版画ですが、60枚限定作品で(この60枚限定というのがほとんどでした)

9万円前後ですね。

大きさにもよりますが、5万円前後もありましたが、これはチョト・・ですね。
もちろんそれより高いのもあります。
驚くことに売り切れが何点かありました。

っていうことは、一種類で9万円で60組ですから、540万の売り上げですね。

次に一点のみの原画の限定販売

これは高い。

安いので30万前後からちょっとこれいいな~

なんて思ったら即100万オーバーでした。

これも結構売れてました。

片岡鶴太郎さんの試写会も行われていて、絵を描いている風景も紹介されていました。

すごい才能なんですね

最初はお笑いで、俺たちひょうきん族で漫才や物まねやって・それがある日突然に

「椿(ツバキ)を見たら表現したくなった・・」

って開眼するんだから、もっとも才能がないとこうはいきませんが、しかしそういうひらめきで自身の才能は花開く場合だって、あるのではないでしょうか?

驚きましたね。

絵自体は本当にいい絵画だと思いました。

その辺に飾っておくには私は最高の絵だと思います。

金魚の絵はいい絵だと思いましたねえ~

片岡鶴太郎の絵画の価格のまとめ

jap1070972
(パンフレッドの裏面です)

結構な価格だったので驚きましたが、しかしこれも当然の価格だと思います。

申し訳ない言い方かもしれませんが、押切もえさんや工藤静香さんの二科展入選の絵よりも、よほど現実的な絵で優しさを感じました。

もちろんテーマが違いますから何とも比較のしようがないですが…

これは取る方の勝手でしょうが、私はそう思ったということです。

「人柄が出ているよな~~」

なんて自分勝手にそう思った次第です。

興味があれば、もし近くで個展があれば、見てみてくださいね。
見て損はしない絵だと思いますよ~~

ところで俺にも何か才能がないかな?
う~~ん
考えれば考えるほど、サントリーレッドの水割りの杯が進むからやめておくか・・・!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る