アカモクのアレルギー緩和効果と免疫力の関係は?おすすめ購入先も!

アカモクは、花粉症に効果のある「フコイダン」や、脂肪燃焼のダイエットにも効果のある「フコキサンチン」も多く含まれて、にわかに注目の海藻の一種です。

抗アレルギー効果もあるということで、そちらでも注目されてるようです。

抗アレルギーに注目の、栄養素は

「フコイダン」

これって、癌にも効果があるっていうことで、有名です。
ではなんで、フコイダンが抗アレルギー効果があるのか・・調べてみました・

スポンサーリンク


元々は、漁師さんの間では、船のスクリューに絡まって、厄介者だったのですが、それを何とか活用する方法はない?

世の中海藻には素晴らしい栄養素がたくさん・・などという話題なので、復興事業にも合わせて・・

そしたら凄かった・・そうやらそんなような、NHKのアサイチの内容だったような。
見ていたのですが何せ、半年も前のことですから、忘れてしまいました。


(出典元:http://nobu.ocnk.net/より引用)

フコイダンが抗アレルギー効果がある理由のメカニズムは?

考えてみれば、「花粉症」もアレルギーの一種。
アレルギーとは免疫の誤作動というか、過剰反応。

免疫細胞は、体の中に外敵を見つけると、一斉に攻撃!

それが涙や鼻水や、一部の炎症というかたといで現れるわけです。

が・・・時として、攻撃しなくてもいいものまで、攻撃してしまう・・これがアレルギー!

であれば、この免疫細胞が、正常に戻ってもらわないといけないのですが、そのためには、このフコイダンが有効です。

花粉症を例にとれば、本来はまったく体に害のない花粉を、敵だと判断してやっつけにかかります。

花粉自体は、吸いこんでも体には何の影響もないのですが、鼻から吸い込んで、粘着した細胞を侵入者として攻撃。

これが、花粉アレルギーというのだと思います。

これを免疫力を正常に戻せば、この攻撃も収まり、涙や鼻水は止まるんです。

そのためには「フコイダン」

アカモクに含有されるフコイダンが、腸で吸収されると免疫細胞が刺激され、活性化を促します。

免疫細胞が正常に機能すれば、抗アレルギー効果も上がるというもの。

アカモクって、なんにでもいいんですね。

驚きました。

要は花粉症に効果があるってことは、アレルギーにも効果があるってこと?
そういう解釈でいいんだな・・・多分・・・


(出典元:http://www.e-hapi.com/food/より引用)

アカモクの値段とおすすめ購入先は?

購入先ですが、これはやっぱ本場から直接買った方がいいのでは?

私は、そこの手先でも何でもないですが、お隣県の岩手県産をおすすめします。

岩手アカモク生産協同組合:http://iakamoku.jp/akamoku/

こちらは、岩手県の本家本元の、アカモクの生産組合です。

価格は
規格: 70g×20個入り
価格: 3,240円 ( 税込・送料別 )

この価格と仕様は、2017年9月27日現在のものです。

本来は、厄介者だったアカモクも、今ではれっきとした健康食品。

アカモクの価格比較はこちら

上記は楽天の販売先ですが、価格調査にはいいかと。

それと最近は、アカモクのサプリメント的な、顆粒や錠剤も販売されてるようです。

手軽に摂取できるようです。

ちなみに一日の摂取量の目安ですが

花粉症:3g
ダイエット:10g(脂肪燃焼にはこの量)

が推奨量です。

スポンサーリンク

アカモクのアレルギー緩和効果と免疫力の関係のまとめ

今年の3月に、NHKのアサイチで紹介された

「アカモク」

ですが、海藻の一種ですが、漁師さんは普通にかじって、食べてたそうです。

そういう方に花粉症は皆無!
地元の漁協で、アカモクを何とか商品化できないか?

復興事業で、目を付けて商品化にこぎつけて・・

何でもそうですが、このように有名になるまでが大変!

アカモクの生息は、日本全国に散らばってるようです。

  • 秋田県では:ギバサ
    山形県では:ギバンソウ
    新潟県では:ナガモ

といわれるようです。
テレビで放送になったのは、岩手県。

お味噌汁一杯分が、一袋になった商品も出ています。

お手軽商品も多いようです。

如何ですか?

まだ知らない方も、多いかもしれません。

しかし最近はテレビでよく、紹介されるようになりました。

日本は四方を海に囲まれた国です。
まだまだ知らない、健康に寄与する食材が、多く眠ってる可能性もあるかも!

なんで?

海は生命の源ですからね~~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る