アカモク ダイエットの方法で摂取量は?値段と購入方法もチェック!

アカモクは、別名「ギバサ」とも言われるようですが、今年3月の「アサイチ」で花粉症の、効能が放送されて以来、ダイエットにも、効果があるということで、人気です。

アカモクの栄養素の成分の中の

「フコキサンチン」

という成分が、脂肪燃焼を促進し、体脂肪率を下げる効果あるんだそうな。

最近は、アカモクの乾燥した商品や、お味噌汁の商品も販売されて、健康食品として、人気のようです。

スポンサーリンク

ギバサ(アカモク)は海藻の一種で、もとをただせば、漁師の方からは厄介者だったようです。

新潟県では「ナガモ」、秋田県では「ギバサ」山形県では「ギンバソウ」というようです。

それを何とか商品化できないか・・そういうことで成分を分析したら・・アッと驚く結果に!!


(出典元:http://nobu.ocnk.net/より引用)

アカモクのダイエットに必要な摂取量は?

アカモクがダイエットに効果があるという成分は

「フコキサンチン」

という成分。
証明したのは、北海道大学大学院水産化学研究院教授の

「宮下和夫」教授。

フコキサンチン2.4㎎を90キロ台の女性150人に16週間、摂取していただいた結果・・

「平均体脂肪率15%減少」

そういう結果がでたそうな。
そこでこの

「フコキサンチン」

なる成分が、含まれる海藻を調べ上げたそうです。
その結果この

「アカモク」

が一番多いという結果に。

アカモクの「フコキサンチン」の含有量は

海藻わかめの:二倍
昆布の:六倍

すごいですね。
このアカモクを食べる、摂取するだけで、内臓脂肪が減るのなら、簡単なもの・・いえいえそう単純ではないでしょう。

脂肪燃焼推奨のアカモクの摂取量は?

「10g」

の量のアカモクを毎日食べれば、効果はあるといいます。

10gってどんくらい?

アサイチでやってたのは、乾燥アカモクで手の平に載せる分くらい。

花粉症には3gですが、その3倍ちょっとですね。

いずれにしても量は、そんなに多くはないです。

最近では・・

私は痩せてますから、縁が無いですが、然し気にする方はこれまでに、何らかの試みの経験があろうかと。

でも「アカモク」はそのほかにも、効果がある成分がいっぱい含まれてますから、検討の余地は十分にありそうですね。


(出典元:http://www.e-hapi.com/food/より引用)

ダイエット効果にに必要なアカモクの摂取量は?

ズバリ・・一日「10g」です。

この量が推奨のようです。

但し、この「フコキサンチン」という成分は、一日で消滅するんだそうな。

ということは、毎日食べ続けないといけない、摂取し続けないといけないということです。

でもそれは、ほかのサプリメントなども同じことですから、気にすることでもないかと。

最近は、食べやすいように、お味噌汁になったり、乾燥させた下流タイプのものまで、販売されています。

値段もリーズナブルなようです。

しかし、アカモクに限らず、海藻類というのは、体にいいものが含まれているんですね~~

さすが・・海は命も源である証拠かと思います。

アカモクのフコキサンチンが脂肪燃焼させるメカニズムは?

「フコキサンチン」

が脂肪燃焼を助けるメカニズムってどうなってる?

通常の脂肪燃焼は

「褐色脂肪細胞」

という人間の体では、ほんの少ししかない細胞の働きによります。

しかし・・このフコキサンチンという成分は、この脂肪燃焼を助ける

「褐色脂肪細胞」

と同じような細胞を、摂取すると体に増やすことが、解明されました。

恐るべし・・・アカモク・・

そしてそのフコキサンチンを、大量に含んだ食べ物が

「アカモク」

ということが啓明されて、もともとは海の漁師さんの邪魔者だった、海藻が表舞台に出ることになったんですね~~

もしかしたら、こういう食材が日本のあちこっちに、まだまだ眠っているんではないでしょうか?

なんつっても、日本は四方が海!
海は命も源泉ですから。

アカモクの値段と購入方法は?

価格(値段)を調べてみたのですが、そんなに高いものではないです。

元々は厄介者だったわけですから、それが健康志向で、注目されたにすぎないのですが、しかし売れれば値段が付くは必定!

今は9月の末なのですが、生モノで売ってるのは、玄界灘産が多いようです。
アカモクは一年生で、その地域によって、その成熟期(収穫期)が違います。

冬に店頭に並ぶのは、石川県産や、新潟県産が多いということです。

しかし・・とくに有名になった、東北産(岩手県、秋田県、山形県)は初夏に収穫期を迎えるようです。
(アサイチの取材では、岩手県の山田町産・・だったと思う・・(見てた)・・)

しかも、アカモクはこの時期のものが一番、栄養価が高い。

最近、テレビで紹介されて、品薄のようです。

生のアカモクは、少ないようですね。

最近出てきたのが、「乾燥したアカモクの顆粒タイプ」や、粒上のアカモク。

此れなら、サプリメント感覚で、摂取できそうです。

もちろん手軽な分、価格はそれなりです。
いろんな情報を見ると、スーパーで売ってるのは、庶民値段です。

加工したものはやはりそれなりかと。

下記は楽天市場の、アカモクの販売サイトです。

アカモクの価格比較はこちら

いろんなアカモクが、自分でいうのもなんですが、あっという間にラインナップされるところは、さすが日本の企業です。

岩手アカモク生産協同組合:http://iakamoku.jp/akamoku/

こちらは、岩手県の本家本元の、アカモクの生産組合です。
元々は復興で、何かないか・・ということで目を付けたのが、厄介者の

「アカモク!」

そしたら・・なんとこの栄養価と、成分の豊富なこと・・

経緯はどうでも、結果はオーライだったのですから、上記の生産組合では、直販をしています。

テレビで放送されたので、品薄のようですね。

価格は
規格: 70g×20個入り
価格: 3,240円 ( 税込・送料別 )

と結構リーズナブルです。
どうせ買うなら、本場がいいような気がします。

が・・私は上記生産組合とは、何の関係もありません。
ただお隣の、宮城県に住んでます。

スポンサーリンク

アカモクのダイエットの方法で摂取量のまとめ

アカモクは、今年の3月にNHKのアサイチで、放送されて、注目されたのは

「花粉症」

の改善でした。
併せて脂肪燃焼効果を促進する

「フコキサンチン」

も多く踏んでるという、内容も放送されました。

テレビで、放送されたのは

花粉症:3g
ダイエット:10g

でした。
今でもその通りの、数字ですが、そのくらいの量なら、ほんの少しです。

値段と購入先は、確認するならとりあえずは楽天で。

最近は顆粒や、粒タイプのサプリメント形式のものも、販売されてるようです。

手軽に摂取できるのですが、やはりそれなりで、それはコストと、相反します。

上記に紹介した岩手県山田町の、生産組合では直販しています。

正真正銘の岩手県産ですね。
NHKのアサイチでも、放送されて現地取材が、ここだったような記憶があります。・・たぶん・・

岩手アカモク生産協同組合:http://iakamoku.jp/akamoku/

です。

アカモクには、もうお分かりでしょうが

「フコイダン」

という成分も多く含まれてます。
これはよく聞く、成分で癌の予防にもつながるという成分です。

花粉症に効くのはこの成分。
腸の働きを整えて、過敏な反応を抑えて花粉症を抑制する効果がると、紹介されました。

多くの方に効果があったと、言う評判です。
まだ早いですが、効果が出るまでは時間がかかりますから、今のうちに摂取しておけばいいかもしれません。

日本には素晴らしい食材が、タックさんあるんですね~~

我が家では、今年麗芝が収穫できました。

残念ながら、写真を撮っていないのですが、これを煎じて飲みます。

健康にいいかな??なんてね・・

皆さん健康には龍して、過ごしましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る