十五夜 中秋の名月の由来とススキと団子の意味と行事はいつから?

十五夜はいつなんでしょうか?
秋の中秋の名月という、十五夜もあるようですが、この違いについて、調べてみました。

そもそもの、十五夜の由来についても、それとお供え物の、すすきと団子の意味も、興味があったので調べてみたので、紹介します。

下記には、過去から近未来の毎年の十五夜の日の一覧を、紹介しました。

先人の、思いが詰まっているんですね~~

スポンサーリンク


十五夜は、秋の風物詩になっています。
さらに中秋の名月も言えば、思い出すのは‥

「赤城の山も今宵限りか・・」

って‥国定忠治ですね。(フル・・)


(管理人撮影2016年)

十五夜とは?意味と由来を調べてみた。

十五夜といえば、満月を愛でるのですから、お団子とすすきは欠かせないですね。

それと燭台にろうそくも。

これお供え物ですが、これにもきっちりとした意味があるようです。

十五夜とは・・その意味は?

そもそも十五夜とは、毎月に15日のことを言うようです。

しかしここで違うのは、旧暦の暦で。

そうです…昔は太陰暦。
月に満ち欠けで暦を作っていたんです。

然し今は太陽暦。

旧暦の暦の15日のことを言います。

月はこの15日周期で、満ち欠けを繰り返すので、十五夜は毎月あります。

1~12月まで毎月です。


(管理人撮影2016年)

中秋の名月とは・・その意味は?

中秋とは、昔旧暦の時には、秋は3か月ありました。

7月、8月、9月です。

中秋とはこの中間の8月の15日のことを言います。

したがって中秋の名月の十五夜は旧暦の

「8月15日」

のことを言います。
そしてそれが何時なのか?

それを、現代の暦に当てはめて、今年の十五夜(中秋の名月)を割り出すわけです。

ではその十五夜の近年の一覧です。


(出典元:http://www.geocities.jp/ami_udagawa/より引用)

  • 2016年は:9月15日
    2017年は:10月4日
    2018年は:9月24日
    2019年は:9月13日

こんなに、日付が変わってるものなんですね。
これはちょっと驚きました。

昔から秋晴れは、月を愛でるのには、最高の季節だったのだと思います。

なので、毎月満月は来るのですが、8月の中秋だけは特別な思いだったのだと思います。

この時期の月は、空気が澄んでいて、とても美しく、綺麗に見えますから。

十五夜の由来は?

子の十五夜という風習は、当の時代から始まって、その文化が日本に入ってきたといわれてます。

日本には中国の古式ゆかしい、そんな風習がたくさんありますが、そのうちの一つなんだと思います。

日本に入ってきたのは

「平安時代」

といわれてます。

その時に、美しい月を愛でるという、そんな風習に、文化に変わっていったようです。

これも宮廷文化?
なのかもしれないですね~~


(管理人撮影2016年)

お供え文化(ススキと団子)はいつから?

はっきりはしてないようですが、月を愛でる風習に対して、農耕を行っていた農民は、月に感謝(?)したかどうかはわかりませんが、臭覚への感謝の意味を込めて、お供え物をするようになったといいます。

それは今のお供え物の

すすきと団子になった?

のかもしれないですね~~

お供え物のすすきと団子の意味は?

さて上記に書いたように、十五夜(中秋の名月)のお供え物と言ったら

1:すすき
2:月見団子

ですが、どうしてこの二つになった?

すすきを十五夜にあげる由来は?

十五夜の、満月には昔から

「ススキ」

が欠かせません。

なんで?

子のすすきは月の神様をお招きする

「依り代(よりしろ)」という、意味があるんだそうです。

この依り代の意味は、神様が取り付く対象物のことを指しているようです。

が・・・

本来は稲穂だったんだそうですよ~~

日本は農耕民族で、古くからお米を栽培していました。
収穫といえば、当然

「コメ」

だったわけです。
しかし、上記の十五夜の冠山表見てもわかる通り、9月ではコメがそろわなかったそうです。

そこで代わりに、稲穂によく似た

「すすき」

が供えられた・・そういうことのようです。

なるほど~~

ですね。
よく似ています。

それと、都合がいいことに、古くからすすきは魔除けの効果があると、人々から信じられていたために、このお月見のあとは、軒先にこのすすきをつるしていたんだそうな。

そうすると、病気をしないという、言い伝えがあったそうです。

なるほど鳥でした~~


(管理人撮影2016年)

お月見団子のお供えの意味は?

団子といえば「お月見団子」。

なんで十五夜には団子なの?

もともとは収穫祭の意味合いが強かったので、イモや豆類がお供えされていたようです。

しかし、いつの時期かは定かではないですが、米で作った団子をお供えするように、なったんだそうです。

すすきも、コメの代わりですから、やはり当時の主食のコメが、収穫の意味だったんだと思います。

それから団子は丸いですが、当時から丸いものは縁起がいいと、思われていたそうです。

そしてお団子を食べると、健康で丸いですからね~~幸せになれる?

そういう信仰があったようです。

そしてもちろんですが、この神様と縁が強くなった、団子は神様との結びつきが、これまで以上に強くなって、健康で幸せになれるということで、食べるんだそうです。

なるほど~~

すすきにそんな意味があるとは、これはついぞ知らず。

然し先人の方たちの知恵というか、こういった風習を作って、後々まで伝えるなんざ、本当に頭が下がります。

ご先祖様は偉大です。

スポンサーリンク

十五夜の月のお月見の由来と行事の意味のまとめ

十五夜の意味のまとめをします。

十五夜は毎月の旧暦の15日を指します。

中秋の名月は、旧暦の8月15日のことを言います。

要はその日のお月様を、中秋の名月というんですね。

お供え物は

1:すすき
2:団子

ですね。
それぞれの意味は、上記に紹介しました。

毎年の中秋の名月も、紹介しました。
最近では

  • 2016年は:9月15日
    2017年は:10月4日
    2018年は:9月24日
    2019年は:9月13日

とこんな感じの日にちのようです。
しかし、かなりのギャップがあるもんですね。

年によっては、20日ほどの差が、あるようです。

では・・赤城の山も今宵限りか・・

ではないですね・私の世代は‥

ゆかたのきみ~~は~~すすきのかんざし~~
あつあんとっくりのくび~~つまんで~
もういっぱいいかがなんて~~みょうに~いろぽいね~~
じょうげんのつきだってけ~ひさしぶりだね~~

吉田拓郎さんの

「旅の宿」

です。
この相手の女性は、たぶん「〇〇K子」さんだと思うのですが・・

とても、懐かしい曲です。

では皆さん中秋の名月・・楽しんでくださいね~~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る