脳梗塞の前兆(初期症状)と症状は?原因と予防方法を調べてみた!

「40代からの脳梗塞対策」(脳梗塞予防)

これは、9月11日に、「アサイチ」で放送された脳梗塞の症状や原因、予防法に関する放送内容です。

私の妻は、このタイトルの通りに、40代で「脳梗塞」で倒れました。

しかし、奇跡的に、今は少し後遺症が残りましたが、ほぼ完治しました。

リハビリは、歩くことで毎日、犬の散歩をしていました。

後遺障害で「うつ病」に近いことがありましたが、その時の体験を、書いてみようと思います。

スポンサーリンク

ある日突然「43歳」の時です。

出張で川崎に行ってる時に、なった電話。
耳を疑りましたが、救急車で運ばれた!


(出典元:http://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/170911/1.htmlより引用)

脳梗塞の初期症状と脳梗塞の症状は?

皆さんが、まったく同じ症状なのかどうかは、私はわかりません。

またどうして、脳梗塞になったかも私にはさっぱりわかりませんが、先生が言うには、血液に塊のようなものが、詰まったような・・・定かではないですが、そのようなお話でした。

1・脳梗塞時の初期症状

その日妻は、平日ですが、休み。なんで休みになったのか、忘れました。

多分会社の何かの記念日かどうか・・・

私と妻は共働きです。
朝に街に要があるといって、出かけたのですが、2,3寄り道して、最後に行ったのが

「ホームセンター」

そこで具合が悪くなって、吐いたそうです。
そして車に乗ったのですが、運転しようと思ったが、ギヤが入らない。

妻の車はその時は、マニュアル車。

なんでかギヤが入らない。

その時に、すでに左がまひしていった初期かと、思います。

要は左足に、力が入らないために、クラッチが切れなかったんだと思います。

なんとか家に帰ってきたが、そこで寝れば治ると思って、おふくろに

「具合が悪いから寝る」

と言って、二階の私たちの部屋で、寝たんだそうな。

そのまま寝ていたら、そのまんま妻の人生は、終わっていたかもしれないです。

お昼頃、妻の友人が遊びに来た。

起きようとしたが、体が言うことを聞かず。
そこで初めて、自分の体の異変に気が付いたんだな~~

歩けない!

立てない

二階から這って出てきて、階段を下りれなくて、友人の助けを借りて、即救急車を呼んだ。

私に、電話がかかってきたのは、確か2時ごろ。

会議でプレゼンの真っ最中。

社長は帰れというが、私の担当する仕事で、質疑応答(技術的な)ができない。

ましてこれが決まれば、年間数億以上の仕事。
一本だけ新幹線を、遅らせた。
病院に着いたのが、確か8時ころだったような、気がする。

2・脳梗塞の症状は

症状は、点滴の治療で、だいぶ落ち着いて普通だった。

記憶はしっかりで、歩くことができなかったが、それも一日だけだった。

軽かったですね。

お医者さんに、説明を受けたのですが、人間の脳というのはすごいです。

頭に上ってる、動脈が耳のあたりで、大きくなんていったいいのかな~~

Uの字状に、蛇行してるんですが、そこの狭い曲がってるところで、詰まったんですね。

しかしよく見ると、かすかに血液の流れが見えるんです。

その血液の流れの先に、アメーバ状にまた血液の流れが、広がっていくんです。

その形は、ホント神秘的に感じました。

まるっきり詰まってるのなら、何かを入れてどうにかするって、言ってましたが、もう忘れました。

多分動脈なので、カテーテル入れて・・・だと思うのですが、定かではありません。

しかし、上記の内容なので、私の経験上、奥さんのAさんは大丈夫です。

と言われて、これで安心。

歩けない間、仕方がないので、おふくろがいないときは、私が下の世話をやった。

俺に下の世話を受けても、今ではそんなことあったの?

みたいな感じで、とてもエライ!

その後の経過については、下記のリンクで紹介したので、よろしければどうぞ。

脳梗塞でうつになった妻に家族の接し方は?効果のあった実例を紹介!

後遺症は、左に力が入らない。
入るのですが、例えば左に持った茶碗は、当初よく落としてました。

車は、それで機会を見て、オートマに変えました。

アサイチで紹介された予防法

9月11日のアサイチでの、紹介された予防法は下記のようですね。

  • 1:ちょっと早歩き
    2:食事では食物繊維を摂る
    3:水分をしっかりと取る

この3点を、脳の専門医の「山本晴子」さんが、紹介されていました。


(出典元:http://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/170911/1.htmlより引用)

なるほどな~~
とは思ってみましたが、皆さん、怖い病気ですから、気を詰めましょう。

予兆なく突然やってきます。

脳梗塞を予知する本

妻の場合は血圧も含めて、健康診断では、何も引っかかったことはありませんでした。

原因は何でしょうね~~

アサイチで、更年期で体の変化がある・・

そのことを紹介していましたが、まさにそれなのかもな~~
などと二人で(私は非番)見ていました。

紹介された初期の症状

  • 1・片側のまひ
    2・視野が半分欠ける
    3・ろれつが回らない
    4・ふらついて歩けない

これ見ると、2番は記憶にないですが、あとも三つはこのまんまです。


(出典元:http://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/170911/1.htmlより引用)

特に1と4の症状が出た場合は、気を付けましょう。

私は、何か変だな・・と思ったら、握りこぶしを作ってみます。

もしくは足をあげてみます・・片側づつ。
脳梗塞は必ず片側がまひするはず・・ならばてか足に必ず力が入らない変化があるのでは・・

そう思うのです。(個人的な素人判断なのであしからず・・・)

スポンサーリンク

脳梗塞の前兆(初期症状)と症状のまとめ

脳梗塞の、私の実際の体験でした。

しかし問題は、むしろこの後でした。
上記に貼ったリンクで、書いたのですが

「うつ」

これはしんどかったです。
数年間にわたって、妻の戦いでしたね。

私も含めて、うまくいかないことのもどかしさに、妻は追い詰められていそうでした。

さて・・家族はどう接する。

今では、普通に夫婦喧嘩をして(しかしほとんど喧嘩になりませんが・・)、普通にどこにでも遊びに行って、好きに過ごしています。

人それぞれに人生があるのですが、人生がある分、その時間は自分の時間ですから、楽しんで生きていかないとね。

一度しかない人生ですから。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る