ツアーチャンピオンシップ2017の優勝賞金はいくら?賞金総額に注目!

2016‐2017年シーズンの、チャンピオンを決める、ゴルフトーナメントの最終戦

「ツアーチャンピオンシップ」

が、下記に紹介する日程で開催されます。

日本からは、松山英樹が参戦しますが、ちょっと逆転の優勝は厳しいかな?
開催コースは、名門コースのの、ボビージョーンズが愛した

「イーストレイクゴルフクラブ」

優勝賞金や開催概要を、紹介します。

スポンサーリンク


いよいよ今期(2016‐2017)シーズンも最終戦です。

ポイントランキング最終の30位以内の、上位30人で争われる最終戦の

「ツアーチャンピオンシップ」

プレーオフシリーズの最終戦・・誰が優勝するか・・皆さんの応援するプロはどなたですか?


(出典元:http://eastlakeagronomy.blogspot.com/より引用)

ツアーチャンピオンシップ優勝賞金用や日程などの概要!

開催コースはあの

「ボビージョーンズ」

はホームコースにしていた

「イーストレイクゴルフクラブ」

です。
まさに最終戦にふさわしい、アメリカにおける、ゴルフの聖地を感じさせる、そんな舞台が用意されてる・・

私はそんな印象を受けます。

ツアーチャンピオンシップの日程などの概要

  • 正式名称:THE TOUR CHAMPIONSHIP(ツアーチャンピオンシップ)
    主催:PGA(全米プロゴルフ協会)
    スポンサー:Coca-cola、Southern Company他
    大会日程:2017年9月21日~9月23日)
    賞金総額:875万ドル
    優勝賞金:157万5000ドル
    開催コース:イーストレイクゴルフクラブ
    ヤーデージ:7305ヤード
    パー70
    コース所在地:米ジョージア州アトランタ

*ヤーデージは開催の設定で前後するかもしれません。

賞金総額や、優勝賞金はこのシリーズの4戦とも同じ設定ですが、それでも高額。

しかもこの最終戦での、優勝が前提条件ですが、ポイントランキング

「1位」

にはなんと「1000万ドル」というビッグなボーナスが、付与(支給)されます。

何とも太っ腹な、アメリカのスポンサーなんですね。
此れには驚きです。

尚・・この大会ではこの賞金総額を、優勝から順番に30人で分配する制度なので、最下位の30位の方でも約

「14万ドル」

は獲得できるような設定のようです。
最下位でも、日本のツアーの優勝賞金並みですね。

此れもまた驚きです。

尤もこの最終戦の30人は、世界のゴルフ界の、今年の

「ベスト30人」

に当たるわけですから、これも当然かと。


(出典元:https://www.eastlakegolfclub.com/より引用)

ツアーチャンピオンシップで優勝すると何がえられる?

この大会での優勝者には、ざっくりですが下記のような特典があるようです。

  • 1:年間チャンピオン(ツアーチャンピオン)の称号
    2:1000万ドルのビッグボーナス
    3:全米オープン、マスターズ、全英オープンの出場権
    4:WGCメキシコ選手権の出場権
    5:PGAの3年間のシード権

1は当然ですが、今シーズンの年間チャンピオン、もちろんそれを決める大会ですから、当然です。

PGAの歴史に、年間チャンピオンとして記録されます。

3番ですが、なんでPGAチャンピオンシップ(全米プロ選手権)がないのかな~~
って思いましたが、もしかしたら5番に含まれるのかな?

なんて思いました。
言うまでもないことなのかもしれません。

前年チャンピオンが、出場権がないなんて考えられないので。

5番は、通常の優勝者には、2年シードなのですが、この優勝では3年に設定されてるようです。

では今度は、開催コースを見ていこうと思います。


(出典元:http://www.golftripper.com/east-lake-golf-club/より引用)

イーストレイクゴルフクラブの設計者や歴史は?

East Lake Golf Club(イーストレイクゴルフクラブ)

については、下記リンクでもう少し詳しく紹介しました。

イーストレイクGCの場所と設計者は誰?ツアーチャンピオンに注目!

このクラブの所在地はジョージア州アトランタのダウンタウンから、東へ約5マイル行ったところ。

あの球聖といわれて、年間グランドスラム(当時)を達成した唯一の、プレイヤーで生涯アマで通し、マスターズトーナメントを創設した方です。

そのボビージョーンズの、なんとホームコースだったところです。

このイーストレイクで、ボビージョーンズは、最初と最後のプレーを果たした・
そういわれてるようです(HPより)

1890年代には、もともとは遊園地だったそうです。

森林に囲まれた、水も豊富な環境的にはすごく恵まれた、そんなところに位置していたようです。

当時の米国はスポーツへの関心が高く、1898年にAtlanta Athletic Clubを結成。

4年後には700人の会員が。
当時の ジョージ・アデア(George Adair)というクラブの社長が、1904年にデカルブ郡にある187エーカーの元遊園地と湖を購入してカントリークラブを創設したとあります。

コースの設計を担ったのは

「トム・ベンデロウ」

さんという方。
この時のコースは、アトランタでは最初のコースだったようですね。

1913年に「Donald Ross」(ドナルドロス)氏を招いて、Bendelowコースを完全に改修。

その時のレイアウトが、9ホールごとにクラブハウスに戻ってくると、言うコースになったようです。

どうやらそれ以前は、そうではなかったようです。
池が、邪魔していたようですね。


(出典元:http://eastlakeagronomy.blogspot.jp/より引用)
1963年には、ライダーカップの開催コースに。

ところがその辺から、コースを取り巻く環境に変化が。

どんな事情があったかは、わかりませんが、1968年に265人のメンバーによって、新しく

「East Lake Country Club」

の事業を再開したと・・・HPには書かれているようです。

その後1994年に

「リースジョーンズ」

という方によって、ドナルド・ロスが設計していたオリジナルのレイアウトに復元されたようです。

したがって、ボビージョーンズがホームコースとして、プレイしていたその時の状態かと思います。(改修の歴史はありますが・・)

スポンサーリンク

ツアーチャンピオンシップ2017のまとめ


(出典元:http://eastlakeagronomy.blogspot.jp/より引用)

優勝賞金や賞金総額、開催日程などは上記に紹介しましたが、再度か気に示します。

  • 正式名称:THE TOUR CHAMPIONSHIP(ツアーチャンピオンシップ)
    主催:PGA(全米プロゴルフ協会)
    スポンサー:Coca-cola、Southern Company他
    大会日程:2017年9月21日~9月23日)
    賞金総額:875万ドル
    優勝賞金:157万5000ドル
    開催コース:イーストレイクゴルフクラブ
    ヤーデージ:7305ヤード
    パー70
    コース所在地:米ジョージア州アトランタ

ここの見所は、やはり開催コース。
テレビで見ましょう。

球聖ボビージョーンズが、最後にプレーしたという、彼が愛したこの

「イーストレイクゴルフクラブ」

名匠の

「Donald Ross」氏

が設計監修したコースです。
素晴らしいコースですね。

さて今年のツアーチャンピオンの栄冠は、誰の手に?

松山英樹は、かなり難しくなったな~~
って印象です。

第3戦の「BMW選手権」では、「47位タイ」とパッとしませんでした。

これで、最終戦にはポイントランクは何位で出場?

公式な発表を待ちたいですね。


(出典元:http://eastlakeagronomy.blogspot.jp/より引用)

でも、松山英樹は今期は世界ランキング2位まで行って、もう十分魅せてくれた・・そう思います。

まさか日本人の選手が、メジャーチャンピオンさえ手が届く位置で、常にプレーしている!!

そんな時代が来るなんて、私のゴルフ歴ではついぞ思いませんでした。

コース予約は楽天GORA

青木功と、ニクラウスのバルタスロルの、一騎打ち!

あれ以外が、なかったですからね~~

皆さん・・今週末もゴルフ・・楽しみましょう!

追記:今年の年間王者は「ジャスティントーマス」でした。
然し優勝したのはツールーキーの

「ザンダー・シャウフェレ(米国)」

優勝者が年間チャンピオンになれない、確かこれで3例目になったようです。

然し優勝は見事!

来季の活躍が期待されます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る