年金支給開始を75歳からに繰り下げたら損か得か?計算(試算)してみた!

年金の支給開始が75歳で、それまでもらえない?

いえいえ、年金の支給開始を、現在70歳まで繰り下げられるのですが、それをいつからかは決まってないですが、75歳まで繰り下げて、支給開始時期をを個人で選択できる。

そういうことですから、勘違いの無いように。
支給開始は、あくまでも65歳が基本のようです。

そこで、支給開始を75歳からに、繰り下げたら、損か得か?

ちょっと、決まったことでは、まったくないのですが、シュミレーションしてみました。

スポンサーリンク

かつて、米国のファンドマネージャーの、大物投資家・J/S氏は

「日本の年金は最高の投資商品だ!」

そういってました。
確かに、私の年金特急便?(定期便)
チャウな・・なんだっけ・・あの年金の経歴の証明書・・(年金定期便ですね…)

それによると、個人の払い込み額と、支給額を見ると圧倒的に、即元が取れます。

「嘘でなかった」

それが、正直な気持ちです。
皆さん、年金は掛けましょう!

年金支給開始を75歳まで繰り下げたら損か得か?

皆さん「年金の繰り下げ支給」って知ってます?

まあ・・知ってるからここにきているんだと思いますが、本来65歳からの支給開始を、遅らせることによって、より多くの年金額を加算して、支給されるという制度です。

では早速シュミレーションしてみます。
然し前提条件があります。

現在の決まりを、そのまんま当てはめるとします。

現在の繰り下げ期間は

「66歳~70歳」

一か月ごとに加算は「0.7%」なので年では「8.4%」になります。

なので10年繰り越すわけですから、ここでは単純に

「84%の加算」

ということにします。(あくまでも仮定です。)

わかりやすいように、65歳での支給額を

「100万円」

にします。
なので支給開始金額は

65歳:100万円
75歳:184万円

とします。

65歳と75歳からの支給額のシュミレーション

65歳:100万円
・・
74歳:1000万円(累計)
・・
79歳:1500万円
・・
84歳:2000万円
85歳:2100万円

となるようです。
これは65歳からの、支給開始で100万円の均等支給と仮定。

では75歳支給開始だと、どうなる?

75歳:184万円

79歳:920万円

84歳:1840万円
85歳:2024万円

如何ですか?

85歳の満額受け取りで、ようやっと肩を並べるような感じかと。

今の日本の男女の平均寿命は

男性:80.79歳
女性:87.06歳

男女差で「6.26歳」(2015年のデーター)
のようです。

人生100年の設計と言いますが、確かの長寿の方の陰で、平均年齢は現実です。

私も、もちろんどうなるかわかりませんが、これ以上生きるか、それとも私の親父のように、60代で逝ってしまう方もいますから。

人生はわからないですよね~~

スポンサーリンク

年金支給開始を75歳まで繰り下げたら損か得か?のまとめ

計算の条件は、現状のままでの加算になっていく。

これが条件です。
実際はどうなるかわかりません。

もしかしたら、平均寿命を加味して、70歳からの加算額は大きくなって、いくかもしれないです。

これはまだ、話が出ただけの段階ですから、あくまでも私の勝手な仮定の話ですので、このままうのみにされては困るのですが・・

しかし、現状通りと想定すると、上記のような結果になろうかと思います。

この数字見て、皆さん如何思いますか~~

ポイントは、平均寿命の時点で、追いついていけるのか?

ここのような、気がするのですが、この考えおかしいかな?

但し、ここで重要なポイントは・・

75歳までどうやって暮らす?

そうなんですよ・・

年金に頼らずに、65歳から75歳まで暮らせる方って、そうはいないような気がします。

一億総活躍社会、を目指すのは結構ですが、しかしいくら何でも75歳まで働けるかな~~

って思ったら・・

わが社には70歳の方が、活躍していますが、それ考えると大丈夫かな~~

なんて思います。

やはり、専門性を持ってる方です。

こういう方は、会社では重宝します。

働けるうちは働いて、退職時点で高額の割増の年金の支給を受ける。

そういった選択肢も、いいかもしれないかな~~とは思うのですが。

私の場合に当てはめると・・正直もう働きたくない!

って思うかもしれないですね(笑

年金の繰り下げ受給は損か得か?加給年金や支給総額の予想額に驚き!

尚年金の繰り下げ支給については、上記で少し詳しく紹介しました。

*この内容はあくまでも仮定での計算結果です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る