コンウェイファームズGCの設計者と歴史は?プレーオフ3戦賞金も注目!

「コンウェイファームズ・ゴルフクラブ」の設計はトムファジオ氏です。

2016~17年シーズンのチャンピオンを決める

「プレーオフシリーズ」

の第3戦の舞台が

「コンウェイファームズ・ゴルフクラブ」

です。
開催コースの設計者の「トムファジオ」氏や、コースの歴史などを書いてみようと思います。

併せて第3戦の「BMW選手権の」の賞金額なども、見ていこうと思います。

スポンサーリンク

2016‐2017シーズンの、ゴルフもいよいよクライマックスに、近づいてきました。

この第3戦のBMW選手権が終わると、あとは

「ツアーチャンピオンシップ」

の最終戦で、30名のガチンコ勝負!

さてわれらが松山英樹は???


(出典元:http://www.conwayfarmsgolfclub.org/gallery-1484.htmlより引用)

BMW選手権の開催概要

BMW選手権の簡単な概要は下記のようになってるようです。
結構な優勝賞金や、賞金総額です。

出場は、第二戦までの上位70人です。

  • 大会名称:2017 BMW Championship(BMW選手権)
    主催:ウェスタンゴルフ協会(PGA(全米プロゴルフ協会))
    大会冠スポンサー:BMW・他
    大会日程:2017年9月14日~9月17日
    賞金総額:875万ドル
    優勝賞金:157万5000ドル
    フェデックスカップポイント:2000pt
    開催コース:コンウェイファームズ・ゴルフクラブ
    コース総延長:7233ヤード(パー71)

なお、BMW選手権の詳しい(かどうかは・・ですが)内容は下記に紹介しました。

BMW選手権(ゴルフ)2017の優勝賞金はいくら?賞金総額もチェック!

開催コースは、この記事のタイトルにある

「コンウェイファームズ・ゴルフクラブ」

です。
上記の大会概要の、記事内でも紹介したのですが、概ねそれを踏襲しますが、もう少し詳しく書いてみようと思います。

「コンウェイファームズ・ゴルフクラブ」の設計者や歴史を考えてみる

ではまずコースの場所から紹介します。
場所はイリノイ州というところです。

五大湖の下のシカゴの街の郊外に位置します。
地図は下記です。


(出典元:google地図より)

名前が「ファーム」というくらいですから、ピンと来る方もいらっしゃると思いますが、ここはもともとは農場でした。

HPで紹介文ですが

「1956年に購入したConway Roadの古い農園を購入し、Conway Farmsという名前を生み出しました」

とあるようです。(翻訳ソフトより)

HPにはこう書かれています。
尤も英語ができないので、翻訳ソフトを使用しました。

1956年の購入したのですが、それまでどうしていたのか、わかりませんが、ゴルフコースとしての開場は

「1991年8月3日」

とあります。
まだ新しいコースなんですね。
開場後、26年ということになるでしょうか・・

コースを設計したのは有名な、コース設計家の

「トムファジオ」氏です。

よく聞く名前の方で、有名コースやチャンピオンコースを、多く手掛けてる方です。

これは私が調べた限り、こんなことは書かれてないのですが・・たぶん・・

トムファジオ氏は、この広大な牧場という敷地と、五大湖畔という、風が強い、またよく吹く環境を利用して、すべての環境を、ここに押し込みたいと考えたのでは?

そう思いました。

このコースの特徴が

  • 1:牧草だけのホール
    2:木々が生い茂るホール
    3:スコットランド風のリンクスホール

などなど・・

個人的な感想ですが、1と2はどこでもできるといえば、語弊があるかもしれませんが、造成をすれば可能かと・・

但し、3番は環境がないと不可能のような気がします。

そこでひらめいた・・なんてことは無いかもしれませんが、素人考えなのでご容赦を・・

一部のホールに、木が一本もなく、この地域特有の風が常に舞っている、特徴のあるホール。

名物ホールですが、上記で紹介した、選手権の記事でも紹介したのですが、下記のようです。
(私の他記事より引用します)

7番:345ヤード


(出典元:http://www.conwayfarmsgolfclub.org/gallery-1484.htmlより引用)

15番:334ヤード


(出典元:http://www.conwayfarmsgolfclub.org/gallery-1484.htmlより引用)

此れなら十分届きます・・が失敗すると・・それなりに・・悩む距離かと。

8番:600ヤード

2オン可能ではあるが、周辺に深いバンカーが・・

18番:595ヤード


(出典元:http://www.conwayfarmsgolfclub.org/gallery-1484.htmlより引用)

ここも2オン可能なようですが、渓谷をつ超えていかないといけないようで、スリリングですね。

とこんな感じのようです。
もっと見てみたのですが、結構なレイアウトの面白いホールも結構あるようです。

いいコースですね・・ってプレーしたことは当然ですがありません。
写真で見ることしかできないですが・・

Tom Fzio(トムファジオ)さんのプロフィールや実績は?


(出典元:http://www.faziodesign.com/content.htmlより引用)

大体ですが、以下のような方のようです。

  • 名前:Thomas Fazio(生まれ)は、ゴルフコースの建築家です。
    生年月日:1945年2月10日
    職業:ゴルフコース設計家
    学歴:ランズデールカトリック高校

ゴルフコースの設計家としてのキャリアを開始したのは、1960年のようです。
1972年に、フロリダ州に自分の事務所を設立

おじさんはジョージ・ファジオさんという方で、こちらもゴルフコースの設計家のようです。
このおじさんは、トムファジオ氏が、自分の跡を継いで、くれることを望んでいたようですが、くしくもその通りになったようです。

トムファジオ氏が設計したコースは、約120以上。
全米でトップ100に入っている、コースも多数設計、または改修されてるようです。

個人的な栄誉としてはGolf Digest Magazineから3回も受け取った

「Best Modern Day Golf Course Architect」

という賞があるようです。

Golf Digest Magazineから3回も受け取ったBest Modern Day Golf Course Architect

更に1995年、ファジオ氏ははゴルフコース監督協会より

「オールドトム・モリス賞」

を受賞した二番目のコース建築家になりました。

2007年:ゴルフ殿堂入りを果たしています。

さて、気になるそのオールドトムモリス賞の、その一番目は誰なんでしょうか?

「ウィリアム・カマック・キャンベル」

さんという方のようです。(あってるかな??)
多分この方だと思います。

アメリカ合衆国のアマチュアゴルファーで、全米ゴルフ協会会長を2度務めた方とあります。

トムファジオ氏の設計したコース

おおむね下記のようですが、そのほかにももちろん多数!!

Wade Hampton Golf Club, Cashiers, North Carolina
Lake Nona Golf & Country Club, Orlando, Florida[3]
The Estancia Club
The Golf Club of Oklahoma, Broken Arrow, Oklahoma[4]
Karsten Creek, Stillwater, Oklahoma
Pinehurst No. 4
Pinehurst No. 8
Old Overton
Querencia
Hudson National Golf Club[5]
Ventana Canyon- Mountain Course
Ventana Canyon- Canyon Course
Sand Ridge Golf Club
Shadow Creek Golf Course, Las Vegas, Nevada
Victoria National Golf Club, Newburgh, Indiana
Squire Creek Country Club
Primm Valley Golf Club, Nipton, California[6]
The National Golf Club of Canada, Woodbridge, Ontario
Martis Camp, Truckee, California [7]
Caves Valley Golf Club, Owings Mills, Maryland
Conway Farms Golf Club
Firestone Country Club West Course, Akron, Ohio

(wikipediaより引用)

以上のような方のようです。
凄い方ですね。


(出典元:http://www.conwayfarmsgolfclub.org/gallery-1484.htmlより引用)

ちなみにオールドトムモリスは、全英オープンの第一回を主導した、偉大な方で、セントアンドリュースオールドコースも手掛けた方ですね。

息子さんは、トムモリスジュニアで、全英オープン4連覇を達成して、チャンピオンベルト(チャレンジベルト)を奪取して、そののち今のような

「クラレットジャグ」(トロフィーに名を刻む)

になった経緯が有ります。

当時は4連勝するなんて、考えられなかったんで、4連勝したら取りきりのルールだったんです。

そしたらあっさりと‥

若くして逝ってしまいました‥愛妻の死の絶望から立ち直れなかったんだな~~

愛は深い!!

そういうことなのか???

ハア・・

オールドトムモリスは、晩年はセントアンドリュースで過ごしたようです。
その形跡は今でも大事に保管されてるようですね。

・・・余談でした・・

スポンサーリンク

「コンウェイファームズ・ゴルフクラブ」のコース概要のまとめ

「コンウェイファームズ・ゴルフクラブ」

は2016-2017シーズンの最終盤戦の、ツアーチャンピオンシップの、第3戦

「BMW選手権」

の開催コースです。
歴史は1991年と、まだ浅いですが、名匠の

「トムファジオ」氏

が手掛けた、名門コース。
コースの特徴は、上記に記しましたので参考にされてください。

コースの写真は、HPよりの引用ですが、随所に張っておきましたので、参考にしてください。

綺麗なコースです。

古き歴史を感じる・・ということには、いかないかもしれないですが、設計家の意図がふんだんに発揮されてるコースだと思います。

設計家のトムファジオ氏の紹介も、させていただきました。

英語のサイトだったので、翻訳がうまくないですが、大体このような方のようです。

もし間違っていた場合は、申し訳ないですが容赦ください。

情報には正確さを期している、つもりですので、意図的に曲げる意思などは毛頭ないので・・

BMW選手権の見どころは?

やはり、松山英樹に期待しましょう。

ここで悪くても5位以内なら、最終戦の

「ツアーチャンピオンシップ」

で優勝すれば、年間チャンピオンの可能性が残りますから。

では、週末もゴルフ・・楽しみましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る